子どもの発達

子供の初めてのブラジャーはいつからするのがいい?ママのための選び方も紹介!

ブラジャー

娘を持つ親が成長期に伴って心を配らなくてはいけないことのひとつが”はじめてのブラジャー”ではないでしょうか。

身体の変化が少しずつ見られたり、または周囲の子に影響されて、小学校の高学年ごろから本人も少しずつ気にしているでしょう。
 

でも、大人のようにはまだ成長していないお胸に、どう選んであげたらよいのか何を基準にしたらよいのか、迷いませんか?

母親は自分も経験しているはずですが、それでも昔の記憶、しかも多感な思春期の記憶を思い出すのは難しいですよね。

今回は、そんなはじめてのブラジャーについて、お伝えします。
 

スポンサーリンク

子供の初めてのブラジャーはいつからつける?

ブラジャー
 
まず、ブラジャーには大きく2パターンあります。

それは、

  • 大人の女性がつけている”お胸を支えるブラジャー”
  • 初めての女の子たちが対象である”成長するお胸をサポート、保護するブラジャー”

です。
 

なので、必ずしもブラジャーはお胸が成長しきってからつけるものでもないんですね。

お子さんのお胸が少しずつ成長していく頃にはつけ始めても良いのです。
 

ただ、今回筆者がお伝えしたいのはブラジャーをつけ始めるタイミングも、本人と必ず相談してほしいということです。
 

この頃の女の子たちはとても精神的に繊細です。

また、ブラジャーをつけるつけない一つをとっても、周りのお友達の状況が気になる年頃でもあります。
 

筆者自身、今回この記事を書くにあたって、小学校高学年の頃を思い出しました。
 

筆者の通う小学校の女の子たちはどちらかというとませている子たちが多く、いじめがあったり、クラスの中にカーストが存在するようなクラスでした。
 

当然、クラスの目立つ女の子たちは大人の階段を一歩登ったような感覚になれるブラジャーに興味津々。

思い返すと、当時本当にお胸の成長が始まって、ブラジャーが必要な女の子はごく数人だったと思うのですが、あるグループの女の子たちがブラジャーをつけ始めると、一気にみんなつけ始めました。

当時のクラスの女の子にとって、ブラジャーをつけるつけないはお胸の成長に伴って、というよりもクラスの子たちに足並みを揃えるものだったのです。
 

今考えるとくだらない、の一言なのですが、思春期の女の子にとっては重要だったのです。

逆に、お胸の成長がはじまったことが恥ずかしく感じたり、ブラジャーの着用を拒否する風潮のグループもあるといいます。
 

筆者がお伝えしたいのは、ブラジャーという身体のサポートをするものであっても、思春期の女の子たちにとっては大きな変化で、本人の納得なしに親が指示したり、拒否したりしないでほしいということです。

お胸の変化が始まっているお子さんには身体を守るために、つけたほうが良いのだと、しっかりと、説明し、納得してもらってくださいね。
 


ママのための今時のブラジャーの選び方

母と娘
 
ブラジャーにも前述のように用途が異なります。

はじめてのブラジャーとしてお子さんに選ぶのは”成長するお胸を保護する”ものが良いでしょう。
 

そしてできれば、身体の一番繊細なところにつけるものですので、素材は確認しましょう。

肌に刺激が少なく、なにより本人が違和感なくつけられるものを一緒に選んであげてくださいね。
 

今時、小・中学生向けのブラジャーと言っても、デザインの可愛らしいものが多いです。

下着でおしゃれをするのが早くても、それは女性としての成長で悪いことではありません。

素材と用途にあったものであるという基準をクリアしたら、お子さんとデザインも含めて好きなものを選びましょう。
 

人気☆おすすめのファーストブラランキング

ランキング
 

1位 ハーフトップタイプ

ブラジャーとしての役割を果たしつつ、装着もゴム製だったり簡単にできるのでこちらを初めてのブラジャーに選ぶ方がダントツ多かったです。
 

2位 カップ付きキャミソールタイプ

こちらは、親御さんがお子さんに購入してあげるパターンでよく見られました。

今までつけていた肌着と形の変化が小さく、導入しやすいでしょう。
 

3位 ブラジャータイプ

こちらはすでにお胸の成長が始まったお子さん向けです。

それでも、ワイヤーがないものや素材も柔らかく低刺激のものを選びましょう。

成長途中のお胸をがっちり支える大人向けのような固めのブラジャーだとむしろ成長を妨げてしまいます。
 

もし近所に相談できる下着屋さんがあれば行ってみましょう。

大人向けの下着屋さんよりは、大きなショッピングモールなどに入っている思春期向けのお洋服や下着売り場で相談にのってくれることが多いですよ。
 

ただ、必ずしもサイズを正しく計らなければいけない頃でもないので、普段のお子さんの服のサイズとお胸の成長具合で早見表などを参考にまずは、一つ購入してみても良いでしょう。


まとめ

女の子がドキドキの初めてのブラジャー選び。

このころのお子さんはとっても繊細で難しいお年頃です。
 

それでも、お子さんはお子さんなりに体と心の変化をしっかりと自分で認識しています。

それを親が受け止めてあげることが必要です。

ブラジャー選びはそんなコミュニケーションの一つとしてもとても良いきっかけです。

心身とも成長していることを親としては喜びつつ、女性として下着を整えたり、おしゃれする気持ちを一緒に共有しながら、ブラジャーデビューをしてくださいね。



スポンサーリンク

子どもの発達
子どもの発達

子どもの発達カテゴリーでは、言葉や体などの子供の発達についての悩みを解決する記事を掲載しています。

子どもの発達について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子どもの発達カテゴリーへ



スポンサーリンク