MENU
食べ物

妊娠中にティラミスは食べてもいい?影響のある成分は入ってる?

ティラミス

女性はスイーツが大好きな方、多いですよね。

妊娠中でも、吐きつわりが落ち着くと、甘いものが食べたくなることもあります。
 

私もスイーツが大好物で、普段からケーキや和菓子がやめられないタイプなのですが、妊娠中でもティラミスが大好物でした。
 

さて、妊娠中にティラミスは食べてもいいのでしょうか?

そして、妊婦さんに影響のある成分が入っているのか?

妊娠中に食べるティラミスの注意点や、ティラミス以外にも注意が必要なデザートについて、詳しく調べてみましたのでお話していきましょう。
 

スポンサーリンク

妊娠中にティラミスは食べてもいい?

ティラミス
 
結論から言うと、妊娠中のティラミスは避けた方が無難なデザートです。

というのも、ティラミスは妊婦さんが食べるには注意が必要なナチュラルチーズである「マスカルポーネチーズ」を使ったデザートです。
 

ナチュラルチーズは、“リステリア菌による食中毒のリスク”があるため、厚生労働省の指導でも妊婦さんは食べないほうがいいとされている食べ物なのです。
 

ナチュラルチーズでも、加工時に加熱されたピザ、グラタン、ベイクドチーズケーキならば妊婦さんが食べても大丈夫です。

ですが、マスカルポーネチーズは加熱することなく作られるチーズで、リステリア菌が繁殖しやすいチーズと言えます。

そのマスカルポーネチーズを使用したティラミスも、調理過程で加熱調理がないデザートなので、妊婦さんが食べるのは避けるべきだと言うわけなのです。
 

私はティラミスが大好物なのですが、注意が必要な食品だということをまったく意識しておらず、妊娠中も食べていました。

絶対に食べてはいけないわけではありませんので、体調に問題がなければ何も心配は要りません

食品衛生環境が整った日本では、リステリア菌の感染は非常に稀で、感染の発生報告もまだないそうなのです。
 

でも、輸入チーズからの“リステリア菌検出報告”は度々出ているそうです。

しっかり検査されているとは言え、油断できません。

ティラミスに使用するマスカルポーネチーズはほとんどが輸入品らしいので、リステリア菌の感染リスクがないとは言えないのです。
 

ですので、私のように妊娠中にティラミスを知らずに食べてしまうことはあると思いますが、食べるよりは食べない方が安全ですし、安心です。
 


ティラミスに入っている成分が胎児に与える影響は?

stop
 
先にもお話しましたように、ティラミスはリステリア菌に感染するリスクのあるナチュラルチーズを使用して作られています。

つまり、ティラミスに含まれるナチュラルチーズによってリステリア菌に感染した場合、胎児への影響があります。

妊婦さんが感染してしまうと、流産や早産、死産の確率が高くなり、さらに胎盤を通じて胎児にも感染することがあるのです。
 

無事出産したとしても、早産であれば低体重で危機的状況に見舞われることも。

そして、赤ちゃんが髄膜炎敗血症になる場合もあり、最悪の場合は寝たきりの状態になる危険もあります。
 

妊婦中は、健康な成人に比べ免疫力が低下しています。

リステリア菌への感染のしやすさが約20倍にもなると言われています。

ですから、他の人は大丈夫でも、妊婦だけにその症状が現われるということも考えられるのです。
 

普段は食べて問題なかったティラミスでも、妊娠中は避けるのが無難と言えます。
 

ちなみにティラミスには、チーズのほかにコーヒーも含んでいます。

ちょっとほろ苦い、コーヒー味のパウダーが上にふりかかっていますよね。

このパウダーのせいでカフェインを過剰摂取してしまうということはありませんが、これを踏まえてもティラミスは妊婦さん向きのケーキではないと言えますね。
 

ティラミス以外に妊婦に危険なデザートは?

チーズケーキ
 
妊婦さんは、チーズを含む食べ物に注意が必要です。

チーズを含む食べ物は色々ありますが、その中でも

  • ナチュラルチーズを使っている
  • 非加熱のもの

などは避けるべきです。

ティラミス以外に妊婦に危険なデザートと言えるのは、チーズケーキレアチーズケーキです。
 

ティラミスと同じように、ナチュラルチーズを使用しているため、妊婦さんは避けるのが無難と言えるでしょう。

どうしても食べたくて購入する際は、使用されているナチュラルチーズが加熱されているか非加熱かを確認して購入するようにしてくださいね。
 


まとめ

妊娠中の食べ物は、思ったよりも色々な注意が必要ですよね。

というのも、私はチーズに注意が必要だという事すらわかっておらず、妊娠生活を終えてしまいました。

こうやって調べてみると、リステリア菌はあまり甘くみちゃいけない食中毒だという印象を受けました。
 

なんと、重篤な場合の致死率20~30%なのだそうです。

毎年、アメリカではおよそ2,500人がリステリア菌に感染していて、そのうち約500人が死亡しているというデータがあるそうです。

食中毒は、お腹が痛くなったり嘔吐したりする程度で、死んでしまうこともあるなんてイメージがありませんでした。
 

食中毒で死に至ることがあるなんて、とても恐ろしいですよね。
 

私は妊娠中、特に注意せずに過ごしてきてしまいましたが、大丈夫だった人がいるから、大丈夫!とは言えません。

人それぞれ免疫力も違いますので、出来るだけ注意が必要な食品は避けましょう。
 

→妊娠中の食べ物についての他の記事も見る



スポンサーリンク

妊娠中の食べ物
妊娠中の食べ物

妊娠中の食べ物カテゴリーでは、妊婦が食べていいもの・ダメなものについての記事を掲載しています。

妊娠中の食べ物について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の食べ物カテゴリーへ



スポンサーリンク