MENU
食べ物

妊娠中にピザは食べてもいい?チーズNGの理由や安心なピザは?

ピザ

ピザと言えば、自宅にいても宅配で届けてくれるサービスもあり、皆様のご家庭でもかなり馴染みのある食べ物なのではないでしょうか。

自宅のオーブンで焼けばいいだけの商品も多く販売されていて、食べたい時に手軽にさっと食べられるのも魅力です。
 

私はピザのとろ~り溶けたチーズが大好きなのですが、妊娠中のチーズは注意が必要な食べ物だという事をご存知でしょうか。
 

では、チーズがのっているピザを妊娠中に食べていいのか?

チーズがNGな理由や安心なピザについて、調べてみましたので詳しくお話していきましょう。
 

スポンサーリンク

妊娠中にピザは食べてもいい?

ピザ
 
結論から言うと、しっかり火が通ったピザであれば、妊娠中に食べても大丈夫です。

問題は、ピザのチーズやトッピングに注意が必要なものもあるという事です。
 

そこで、妊娠中に気を付けた方がよいピザのチーズやトッピングについてお話していきましょう。
 


妊娠中にピザのチーズがNGな理由は?

チーズ
 
妊娠中は、ピザそのものと言うより、ピザにトッピングされているチーズがNGの場合があります。

ピザのほとんどにチーズが使われていると思いますが、妊娠中に注意が必要となる食材の代表がチーズなのです。
 

チーズと言っても、妊娠中にNGなのは“加熱されていないナチュラルチーズ”です。

加熱していないナチュラルチーズは、リステリア菌という食中毒に感染するリスクがあります。

そのため、非加熱のナチュラルチーズをそのまま食べるということが、妊娠中はNGとされています。
 

妊娠中にリステリア菌に感染すると、ママだけの問題では済まされない場合があります。

胎盤や胎児にも感染して、流産や生まれた赤ちゃんに影響が出る危険性があり、万が一を考えると避けるべき食材なのです。
 

ただし、リステリア菌は加熱することで殺菌できます。

ピザの大半が、チーズを乗せてから焼いて、チーズをとろとろにしていますよね。

この加熱でリステリア菌は殺菌できているので、しっかりと焼かれているピザなら妊娠中でも食べて問題ないのです。
 

つまり、チーズがピザを焼く際にしっかり加熱調理されているかが重要なポイントです。

ですので、ピザを焼いたあとに、上からトッピングで乗せているチーズがナチュラルチーズの場合は、加熱されていないので食べるのを避けた方が良いでしょう。
 

また、ピザを焼いたあとに粉チーズをふりかけるピザもありますが、粉チーズもプロセスチーズとナチュラルチーズの2種類存在します。
 

妊娠中は避けるべきナチュラルチーズの粉チーズもありますので、確認してから食べるようにした方が良いでしょう。

お店で食べる場合は粉チーズなしにしてもらうこともできるので店員さんに頼むといいでしょう。
 

チーズが入っていない安心なピザの種類は?

フォカッチャ
 
これまで、妊娠中でも加熱しているチーズを使ったピザは食べて問題ないというお話をしてきましたね。

ですが、チーズが入っていない安心なピザについても調べてみましたので、ご紹介していきましょう。
 

ピザの元祖と言われるフォッカッチャ

ピザの始まりと言われるフォッカッチャは、チーズを使っていません

シンプルなオリーブオイルと塩だけで味付けしたものや、ドライトマトやオリーブ、ローズマリーなどをトッピングしたものもあります。

ピザは、トッピングの具材が多いほどカロリーも増えますので、体重増加に気を付けたい妊婦さんにはシンプルなフォッカッチャも良いかも知れませんね。
 

私は一時すごくハマって毎週のように食べている時期がありましたが、シンプルでとても美味しいです。
 

ナポリピザの代表格と言われるマリナーラ

ピザというと、チーズありきの食べ物だと思っていましたが、チーズなしピザが正式なナポリピザなのだそうです。

マリナーラと言うピザで、イタリアでピザの元祖とされています。

マリナーラはピザ生地に、トマトソース、ガーリック、オレガノ、オリーブオイルをふりかけただけのシンプルなピザです。
 

こちらも、通常のピザに比べるとシンプルなトッピングなのでカロリーが抑えられます

体重増加に気を付けたい妊婦さんにはおすすめですね。
 

自分で作るチーズレスピザ

ピザを自分で作ってしまえば、市販品でチーズレスのものがなかなかなくても簡単に作れます。

食パンにピザの具材をトッピングして、ピザソースをかけてオーブンで焼くだけというシンプルな調理方法があります。

栄養バランスを考えた食事をしたい妊婦さんには、トッピングにお野菜を多めにするなど、自分で簡単に工夫することが出来ますね。
 


チーズの他にも、妊娠中は避けたいピザの食材

生ハム
 
ピザにかかったチーズに限らず、トッピングされている食材には注意が必要なものがあります。

妊娠中に避けたいピザの食材がいくつかありますので、ご紹介していきたいと思います。
 

生ハムやスモークサーモンなどの生肉

生肉には、トキソプラズマという寄生虫がいることがあります。

感染しても大人であればほとんど症状が出ないようです。

ですが、妊婦さんが感染すると厄介な場合があります。
 

ごく稀に胎児に「先天性トキソプラズマ症」を発症する可能性があり、

  • 運動発達や視力障害
  • 流産
  • 死産

等を引き起こす可能性があるのです。

そのため、トッピングで上から乗せただけの非加熱の生ハムやスモークサーモンを食べるのは避けたほうがよいでしょう。
 

魚介系のシーフードピザ

魚介類を使ったピザは、しっかり火を通していても食中毒の心配が出てしまうケースがあります。

自分で具材にしっかりと火を通した上で、ピザにトッピングするのであれば安心ですが、市販されているものや宅配ピザなどの場合は、避けた方が安心です。
 

スパイシー系のピザ

辛い物が好きな妊婦さんは、ピザもスパイシーなものを選んでしまうと思いますが、妊娠中期の胃腸にスパイスの刺激は避けるべきです。

理由は、下痢や腹痛を引き起こしてしまうことがあるからです。

また、下痢や腹痛からお腹の張りが出てしまうこともあるので、スパイスをたくさん使った辛いピザは避けましょう。
 

ハーブが使われているピザ

バジルやローズマリー、タイム、イタリアンパセリなどを使っているピザは注意が必要です。

ハーブには、子宮収縮作用があります。

ピザにトッピングでのっている分には、ほとんどが少量だと思いますので心配いりませんが、毎日大量に摂取することは避けるべきと言えます。
 

まとめ

妊娠中、つわりが落ち着いてきて後期に差し掛かると、食欲が異常に出てくる妊婦さんが多くいらっしゃると思います。

体重増加に注意しなければならない時ではありますが、ピザが高カロリーだとわかっていても食べたくなることがありますよね。

ただでさえ食事制限の多い妊婦さんですから、食べたい物をあまり我慢するのもストレスになります。
 

ピザを食べるときは、しっかり加熱されたチーズであれば食べて問題ありませんので、避けるべき食材だけは注意しましょう。
 

また、食べる量も気を付けたいところです。

食欲がある時ですから、Mサイズピザをぺろりと食べてしまうと、カロリーが低めのマルゲリータピザでも1,000~1,200キロカロリー摂取したことになります。

妊婦さんが1日に必要なカロリーは、2,500キロカロリー程と言われているので、1回の食事で1日の必要カロリーの半分程を摂ってしまうことになります。
 

そうすると、1食分抜くというわけにもいきませんから、必然的に1日分のカロリーはオーバーしてしまいます。

体重増加に気を付けたい妊婦さんは、数ピースだけピザにして、サラダやスープも摂り入れ、バランスの良い食べ方を心がけると良いでしょう。
 

→妊娠中の食べ物についての他の記事も見る



スポンサーリンク

妊娠中の食べ物
妊娠中の食べ物

妊娠中の食べ物カテゴリーでは、妊婦が食べていいもの・ダメなものについての記事を掲載しています。

妊娠中の食べ物について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の食べ物カテゴリーへ



スポンサーリンク