食べ物

妊娠中にお寿司を食べたい!食べても良いネタ、ダメなネタは?

寿司

お寿司が好物な人は多いでしょう。

私もその一人です。

妊娠中にどうしてもお寿司が食べたくなり、食べてもいいネタや控えたほうがいいネタを調べました。
 

「妊娠中にお寿司を食べてもいいの?」

「妊娠中にお寿司を食べる時に気を付ける事はあるの?」

など、妊娠したら食べるものをすごく気にするようになりますよね。
 

妊婦さんがお寿司を食べるうえで、気をつけなければいけない点もまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

妊婦中はお寿司などの生ものに注意!

寿司
 
妊娠すると何となく生魚は控えたほうがいいような気がしますよね。

でもつわりの時などは酢飯が食べやすく、さっぱり食べられるお寿司が欲しくなったりする妊婦さんも多いでしょう。

なぜ妊娠中は生魚に気を付けなくてはいけないのでしょう。
 

  • 水銀(メチル水銀)
  • 食中毒

おもにこの2つの理由があります。

魚介類の中には、自然界に存在するメチル水銀が多く含まれています。

一般的には食事から摂り込んだメチル水銀は少しずつ身体から排出するので心配はいりません。
 

ですが妊婦さんは要注意です。

妊娠中に身体に摂り込んだメチル水銀は胎盤を通して胎児に送られます。

胎児はメチル水銀を排出する機能がないため、妊婦さんが多くのメチル水銀を摂取すると胎児が精神障害や発達障害を起こす可能性があります。
 

また妊娠中は普段よりも抵抗力が低くなっているため、食中毒にかかりやすくなっています。

生魚には細菌が生息している可能性があるので、なるべく食べないほうがいいと言われています。
 

妊婦さんが食中毒になると嘔吐や下痢などの症状で胎児の発育に影響が出ることがあります。

最悪の場合は流産になることもあります。

妊婦さんが食中毒にかかった場合、飲める薬も限られているのでお寿司を食べる際は注意が必要です。


妊婦が食べても大丈夫なお寿司のネタは何?

玉子
 
最近では回転寿司を中心にバラエティ豊かなお寿司のネタがあります。

回転寿司ならではの創作ネタや天ぷらなどのネタも美味しいですよね!

妊婦さんが食べてもいいお寿司のネタは、どのようなものがあるでしょうか。
 

  • 蒸しタコ、蒸しエビ、蒸しカニ
  • 玉子
  • のり巻き(納豆、キュウリ、かんぴょう、お新香)
  • えび天、イカ天
  • お肉(ウィンナー、焼き肉)

妊婦さんが食べてもいいネタは、ほとんどが火を通してあるものです。

生ものが好きな人には物足りなりかもしれません。
 

どうしても生ものが食べたいときは

  • サーモン
  • カツオ

この2種類がおススメです!
 

サーモンは鉄やカルシウムの吸収をよくするビタミンDが豊富です。

カツオはDHCやEPAを多く含み、循環器疾患の予防や、脳の発育に効果あると言われています。

妊婦さんには摂り入れてほしい食材ですが、食べる際には新鮮なもので少量にしましょうね。

妊婦にNGなお寿司のネタリスト

マグロ
 
生ものは基本的に食べないほうがいいとされています。

特に注意すべきお寿司のネタをご紹介します。
 

  • マグロ類
  • 金目鯛
  • カジキ
  • 貝類
  • 魚卵
  • 生イカ
  • うなぎ、穴子

マグロ、金目鯛、カジキは、より多くの水銀を含んでいるため避けたほうがいいでしょう。
 

貝類や魚卵、生イカは食中毒にかかると非常に強い症状が出やすく、感染力も強いので十分な注意が必要です。
 

うなぎ、穴子などにはビタミンAが多く含まれています。

ビタミンAを極端に多く摂ると、胎児の奇形や妊婦さん自身の骨粗しょう症を引き起こすともいわれています。

妊娠中は大量に摂取するのはやめておくべきですね。


妊娠中にお寿司を食べる時の注意点は?

ガリ
 
妊娠中にどうしてもお寿司を食べたい時ありますよね。

「好物のお寿司を我慢するってストレス!」って私は思っていました。

どうしてもお寿司を食べたい妊婦さんは以下の事に注意してお寿司を楽しみましょう。
 

  • 鮮度にこだわる
  • 種類にこだわる
  • 食べ過ぎない
  • 体調が悪い時は控える
  • ワサビやガリも食べる
  • 1週間に1度にする
  • 信頼のあるお店に行く

信頼のできるお店で鮮度のいいお寿司を食べることで食中毒のリスクを軽減できます。

妊娠中は免疫力が弱まっていますので、お寿司と一緒に殺菌効果のあるワサビやガリを一緒に食べましょう。
 

お寿司はあっさりして食べやすいので、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

お寿司1人前はお茶碗の1.5倍以上の炭水化物を摂取することになります。

これは炭水化物の摂り過ぎで体重増加につながってしまいます。
 

また醤油でむくみの原因になりますので、食べやすいお寿司でもほどほどにしましょう。
 

まとめ

妊娠中にお寿司を控えた方がいい理由と食べてもいいネタ、食べないほうがいいネタをご紹介しました。
 

妊娠中は魚に含まれている水銀食中毒に気を付けましょう。

お寿司を食べる際は信頼のできるお店に行き、火が通っているネタを中心に選びましょう。

くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。
 

妊婦さんがお寿司を食べる際は注意しなければならない事が多いかもしれませんが、お寿司を食べるメリットもあります。
 

コンビニやスーパーで売られているので、体調が悪い時や忙しくて料理できない時は手軽に食べられます。

量の調節もしやすいです。

つわりで気持ち悪い時に酢飯は本当にオススメです!

コンビニで買えるサラダ巻きは野菜も摂れるのでつわりの時によく食べました。
 

ご紹介した注意点を気にしながら、妊娠中も様々なお寿司を楽しみましょう。
 

→妊娠中の食べ物についての他の記事も見る



スポンサーリンク

妊娠中の食べ物
妊娠中の食べ物

妊娠中の食べ物カテゴリーでは、妊婦が食べていいもの・ダメなものについての記事を掲載しています。

妊娠中の食べ物について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の食べ物カテゴリーへ



スポンサーリンク