食べ物

妊娠中に蜂蜜を食べても胎児に影響はない!?注意点や効果は?

蜂蜜

カラダに良いといわれる一方で、赤ちゃんに食べさせてはいけないともいわれる蜂蜜。

赤ちゃんが食べられないなら胎児にも影響があるのでしょうか。
 

妊娠中は普段思いもよらないような制限を受けることもあって、蜂蜜に関しても心配になる妊婦さんがいらっしゃることと思います。
 

実は私も以前から大の蜂蜜好きで、妊娠中「あれ、食べていいのかな?」と迷った一人なんです。

そこで今回は、妊娠中の蜂蜜についてまとめてみました。
 

スポンサーリンク

妊娠中に蜂蜜を食べたいけど胎児に影響はある?

胎児への影響
小さな子どもに蜂蜜を食べさせてはいけない―――。

どこかで耳にしたことがありますよね。

それではなぜ食べさせてはいけないのか、その理由をご存知でしょうか。
 

恥ずかしながら私は若いころ、蜂蜜は栄養がありすぎるから赤ちゃんは消化できないんだろう、くらいに思っていたのですが、これは大ハズレ。

蜂蜜には「ボツリヌス菌」という菌が生息している場合があります。

このボツリヌス菌、加熱や乾燥、消毒などにも負けない強い菌なんです。
 

一方、生まれたばかりの赤ちゃんの腸はある意味まっさらな状態。

おなかから出てきて、おっぱいを飲んだり離乳食を食べながらいろいろな細菌を取り入れていくことで腸内フローラを形成していくのです。

赤ちゃんの腸内環境が整って、害のあるものを排除できるようになるのが1歳ころという判断から、「1歳未満には蜂蜜を与えてはいけない」ということがいわれているわけですね。
 

妊娠中のお母さんが蜂蜜を食べても、その蜂蜜はお母さんの腸で処理されるので大丈夫!

直接胎児の体内に入るわけではありませんので、妊娠中に蜂蜜を食べても心配はいりません。
 

後程説明しますが、蜂蜜は妊婦にとって大切な栄養がたくさん含まれてるのでむしろ積極的に食べたい食品です。

ただし、場合によっては食べない方がいいこともあります。


妊娠中に蜂蜜を食べるときの注意点は?

注意点
そもそも蜂蜜は殺菌力、抗菌力、保湿力にすぐれた妊娠中の強い味方!

ぜひ普段のお食事に取り入れていただけたらと思いますが、気を付けた方がいい場合もいくつかあります。
 

カロリー制限

カロリー制限
一つは妊娠糖尿病などでカロリー制限を受けている場合。
 

ただし蜂蜜はお砂糖よりも少ない量で甘さを感じられるため、使いようによっては低カロリーで満足感を得られる可能性もあります。

しかもお砂糖には、エネルギー化するときに体内のミネラルを消費してしまうという問題点があります。

その点蜂蜜ならば、効率よく栄養摂取をすることができますね。
 

カリウム制限

もう一つは腎臓の機能低下等でカリウムを制限されている場合。
 

蜂蜜にはカリウムも豊富に含まれていますから、他の食材との兼ね合いで食べてもいい蜂蜜の量も抑える必要が出てくるかと思われます。

病院で食事指導を受けたときには、蜂蜜についても確認しておくと良いですね。
 

妊娠中に蜂蜜を食べた場合身体に効果はある?

蜂蜜食べる
前述したように蜂蜜はとても身体に良い効果をたくさん持っています。

特に免疫力が落ちやすく、体調を崩しても安易に薬を使えない妊婦さんにはありがたい食材なんです。

例えば…

カゼやインフルエンザなど病気の予防

風邪
蜂蜜の殺菌力や抗菌力、本当にすごいんです!
 

普通の蜂蜜でももちろん効果はありますが、とくに効果が高いのは「マヌカハニー」。

例えば甘いものを食べてそのまま寝ると、虫歯になるのが心配ですよね。

でも高濃度のマヌカハニーは虫歯の原因菌すら殺菌してくれるというから驚きです!
 

また蜂蜜には荒れたノドを修復する力もありますから、ひき始めのカゼなどにも有効。

原因はわからないけれどなんだか調子が悪いなぁというときにも、蜂蜜の殺菌力や高い栄養が助けになることが期待できますね。
 

ただし、健康効果を期待する場合、蜂蜜はできるだけ加熱せずに使ってください。

加熱すると45度くらいから栄養素が変化してしまうのでもったいないですよ。
 

疲労回復

蜂蜜にふくまれるぶどう糖は、吸収されるとすばやくエネルギーになります。

妊娠中体重の増える妊婦さんは、普通に生活するだけでも大変ですから、この効果はありがたいですよね。
 

抗酸化作用

蜂蜜に含まれるポリフェノールが抗酸化作用をもたらします。

血流を改善したり、おなかの調子を整えたり、美容効果も期待できます。
 

眼精疲労の回復

眼精疲労
目の疲れといえば、ルテインが効果的と思われる方もいらっしゃるでしょう。

実はこのルテイン、蜂蜜にも含まれているんです!

私も妊娠中は、目が疲れるから細かい本は読まない方がいいわよ、なんていわれたものですが、蜂蜜の効果なのか眼精疲労で困った記憶はありません。
 


食べる以外の使い方

お肌ケア
私はもともと皮膚が薄いタイプで、妊娠中はもちろん体中が乾燥しましたし、産後は噛まれた乳首は傷だらけで膿んでしまうし、顔はしわしわになってしまってひどくショックを受けました。

蜂蜜の殺菌力・抗菌力・保湿力は、乾燥しがちな妊娠中・産後のお肌のケアにも使えます。
 

傷やイボの治療

乾燥した肌は、本来のバリア機能が低下しているため、細菌なども入り込みやすい状態。

いつのまにか小さなできてしまった小さな傷やイボやなども蜂蜜を塗ることで殺菌でき、自分で治せることがあります。

ただし産後に使う場合は、1歳未満の赤ちゃんがなめてしまう場所には使わないようにしてくださいね。
 

乾燥肌のケア

蜂蜜塗る
蜂蜜を直接肌に塗ります。

思ったほどベタベタはしませんが、少しおいて濡れタオルでそっと抑えるとたちまちサラッとなります。

最後にホホバオイルやオリーブオイル、グレープシードオイルなどでふたをするようにします。

初めの内は心もとないですが、だんだんと肌の力が復活してくるのが実感できましたよ。
 

私はメイクをしてもすぐ肌がむずがゆくなってしまうので、仕事の時などはまず蜂蜜でケアをしてからお化粧をするようにしています。
 

まとめ

蜂蜜
蜂蜜は妊娠中でも安心な食材の一つです。

蜂蜜を取り入れることで、お料理の幅が広がったり、楽しいおやつタイムでますます健康になれるなんて嬉しいですよね。
 

私も夜中にノドが痛くなったときや、子どもが寝る前に咳込んでいるときなどはマヌカハニーを利用するようにしています。

そのまま眠れるのでとても便利ですよ。
 

今まで迷っていた皆さんも、元気な赤ちゃんを産むために、ぜひ蜂蜜をつかってみてくださいね。
 

→妊娠中の食べ物についての他の記事も見る



スポンサーリンク

妊娠中の食べ物
妊娠中の食べ物

妊娠中の食べ物カテゴリーでは、妊婦が食べていいもの・ダメなものについての記事を掲載しています。

妊娠中の食べ物について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の食べ物カテゴリーへ



スポンサーリンク