妊娠中の悩み

妊娠中期の下痢は大丈夫?原因と対処法は?危険な下痢の症状は?

トイレ

妊娠中期に入ると下痢になる妊婦さんは多く、安定期に入って一安心と思いきや下痢になったり便秘になったりと嘆く妊婦さんも少なくありません。

妊娠中は便秘になりやすいのですが、逆に下痢が続くこともあります。
 

そこで今回は、妊娠中期の下痢について起りやすい原因と対処法を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中期の下痢は大丈夫?

腹痛
 
妊娠中期は下痢をする妊婦さんが多くいます。

それは、妊娠すると自律神経の乱れによって腸の働きがうまくいかなくなるのが原因と考えられています。

多くは便秘症状ですが下痢が症状として出ることもよくあることで、少し軟便ぐらいであれば心配ありません
 

万が一、1日何度も水のような便が出る症状であれば、食中毒の恐れや切迫流産や切迫早産の可能性があるため早めに病院での診察をおすすめします。


妊娠中期の下痢の原因と対処法

冷え
 
妊娠中期に起こる考えられる下痢の原因は次のとおりです。
 

ホルモンバランスによる変化によるもの

妊娠前は健康だった人も、妊娠中期になるとおなかが弱くなり下痢や便秘を繰り返すことが良くありますが、これはホルモンバランスの変化によって起こります。

妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、その分泌によって妊娠を継続することができる仕組みになっています。

このホルモンバランスの変化妊娠後の体調の変化・体質の変化に影響するのです。
 

妊娠中期に下痢もその変化のひとつであり、便秘や下痢を繰り返すといったことは多くの妊婦さんから耳にします。

また、この時期は腸内環境も不安定ですので体調管理には十分注意しましょう。
 

体の冷えによるもの

妊娠中の体の冷えは良くありません。

つわりがおさまり妊娠中期は食欲も出てくる時期になりますが、胃が楽になったおかげでつい食べすぎ飲み過ぎになりがちです。

特に冷たい飲み物を大量に飲んだり、冷たい食べ物を食べたりすると、突然の腹痛と下痢に襲われるといったこともあります。
 

下痢は体力を消耗しますので体にも負担をかけてしまいます。

下痢が続くようであれば冷たいものを摂り過ぎていないか見直してみましょう。
 

食べ過ぎによるもの

普段から食べ過ぎはあまりよくありませんが、妊娠中は特に食べ過ぎで胃腸に負担がかかり下痢になってしまう場合があります。

特に妊娠中期は子宮も徐々に膨らんで内臓を圧迫し胃腸も弱くなっているため、些細なことで下痢になる可能性が高いので食べすぎには十分注意をしましょう。
 

妊娠中は胃腸の機能の低下によって下痢になりやすくなりますが、自己判断で市販薬を服用することは大変危険です。

安易な気持ちを持たずに、病院で処方された薬や薬剤師さんに相談したうえで薬を服用しましょう。

また、体を冷やすことも下痢の原因になりやすいため、四季問わず体を冷やさないようにすることも大切です。
 

そして、生活習慣を見直すことで下痢を改善することもできます。

妊娠中期の下痢はホルモンバランスの変化によるもので、妊娠がきちんと継続をしていることを示します。

多少の下痢や便秘は赤ちゃんの成長をあらわしていますので心配し過ぎる必要はありませんし、妊娠中の下痢が直接流産に結びつくものではないので安心してください。
 

体を冷やさない、バランスの良い食事、規則正し生活によって改善されることもありますので、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

危険な下痢の症状

嘔吐
 
妊娠中の下痢の中には危険な下痢も含まれていますので、下痢に加えて何らかの症状がある場合には注意が必要です。
 

嘔吐と下痢がある場合は食中毒の可能性あり

妊娠中期は体力・免疫力ともに低下傾向のためウイルスや細菌に感染しやすくなっていますので、嘔吐を伴う下痢の症状がみられたら早めに病院で診察を受けましょう。
 

普段から体力が低下し過ぎないように妊娠中期での適度な運動は必要です。

また、生ものなどを食べるときには鮮度に十分注意するか、なるべく火の通った食事を心がけましょう。
 

お腹の痛みと水下痢の場合

ゆるめの便ではなく、水っぽい便の場合も感染症の疑いがあります。

感染症は集団生活の中でうつることが多いため、上にお子さんがいたりする場合は手洗いうがいで予防を心がけてください。
 

下痢の症状が続くと脱水症状にもなりかねませんので、万が一感染してしまった場合は早めに受診をして治すことが大切です。
 

出血を伴った下痢の場合

不正出血のような下痢とともに出血を確認した場合は、切迫流産や切迫早産の可能性が考えられるため早めに医師に相談してください。

妊娠初期には出血はよくあることですが、妊娠中期の出血は十分気を付けたほうが良い症状でもありますので注意しましょう。
 

おなかの張りがある場合

お腹の張りとともに、下痢がある場合は早めの診察が必要となります。

この場合も切迫流産や切迫早産の可能性があるのですが、おなかの張りは子宮口が開いてしまうことがあるため十分注意をしなければいけません。


まとめ

妊娠中期はホルモンのバランスが乱れるため下痢になりやすい妊婦さんが多くいます

生活習慣で改善されることもありますが、水のような下痢が続いたり腹痛や嘔吐を伴う場合は注意が必要です。

下痢になった場合はどのような便か、ほかに症状はないかなど注意して観察しておきましょう。
 

妊娠中は便秘や下痢になりがちとは聞いていましたが、実際私は下痢の症状はありませんでした。

体を冷やすことは本当に良くないので、

  • 夏でもきちんと靴下をはく
  • 冷たいものを控える

などしてお腹を冷やさないようにしていたものです。

おなかの冷えが気になる人は、日常でも腹巻でお腹を温めたりカイロをあてたりしておくのもおすすめです。(ちょっとした腹痛も和らげますよ。)
 

下痢はひどくなると脱水症状にもなりかねませんので、続くようであれば早めに病院を受診してくださいね。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク