授乳中の悩み

授乳中に食べてはいけないものは?乳腺炎やアレルギーを避けるには?

乳腺炎

授乳中に気をつけなければいけない食べ物があることをご存知でしょうか?
 

食べ物によって乳腺炎が引き起こされることもあります!
 

筆者も授乳中、危険とは知らずに食べてしまったものによって乳腺炎になった事があります…。

また、お母さんの食べたものがそのまま母乳の質に影響してしまいます。
 

母乳の味が変わって赤ちゃんが飲んでくれなくなった…なんていう話も聞いたことがあります。
 

さらに母乳にはお母さんの摂取した食べ物のアレルゲンが微量ながら検出されています。

赤ちゃんがお母さんの母乳を飲んでアレルギー反応を起こす事もあります。
 

そこで今回は授乳中に食べてはいけないものや乳腺炎やアレルギーを避けるにはどうするかを詳しく説明します。
 

スポンサーリンク

授乳中に食べてはいけないものは?揚げ物、甘いものは乳腺炎になる?

唐揚げ
授乳中はなるべく
 

  • 高塩分
  • 高脂肪
  • 高カロリー

以上の食べ物は避けた方が良いでしょう。

また、お母さんと赤ちゃんのために以下の食べ物はなるべく控えるようにしましょう。
 

アルコール

授乳中のお母さんには「オキシトシン」というホルモンが活発に分泌されるようになります。

このオキシトシンが母乳を噴出するよう働きかけますが、アルコールを摂取することによってオキシトシンの働きを抑制してしまいます。
 

つまり、アルコールを飲むと母乳量が減って赤ちゃんに十分な栄養が与えられなくなる可能性があります。
 

また、アルコールは母乳を通して赤ちゃんにも影響があり、場合によっては赤ちゃんがアルコール中毒を引き起こす可能性もあります。
 

カフェイン

赤ちゃんはカフェインへの感受性が高いとされています。

赤ちゃんが母乳を通してカフェインを大量に摂取すると落ち着きがなくなったり、眠れなくなるなどの症状が出る場合があります。
 

しかし、1日1から2杯程度のコーヒーでしたら問題ありません。

餅、餅米

昔は餅を食べると母乳がたくさん出ると言われていました。

それは昔は栄養のある食べ物が少なかったため、母乳を出すため高カロリーの餅を積極的に食べると良いとされていたからです。

しかし今では栄養が十分摂れるようになったので餅はカロリーの取りすぎで母乳が作られすぎて詰まり、乳腺炎になってしまう恐れがあります。
 

揚げ物

油っこい食事は血液をドロドロにして母乳の質を下げてしまいます。
 

さらに乳腺が詰まり乳腺炎の原因にもなってしまいます。

とんかつ、天ぷら、コロッケなどの揚げ物は最低でも週に1、2回程度にしましょう。
 

甘いもの

あまいお菓子や飲み物は高カロリーなのでなるべく避けた方が良いでしょう。
 

特に菓子パンは砂糖以外にバターや油も多く含まれているので乳腺の詰まる元となってしまいます。

しかしストレスが溜まるほど我慢するのもいけません。

2、3日に1回くらい適量だったら問題無いので無理のない範囲で節制しましょう。
 

乳製品

母乳に良さそうなイメージの牛乳やチーズなどの乳製品ですが、高脂肪のものが多いので、母乳の分泌量が増えすぎてしまう危険があります。
 

体を冷やす食べ物

体を冷やすと母乳の分泌量が減ってしまいます。

なるべく夏野菜より冬野菜
 

さらに生野菜よりも温野菜を食べて体を冷やさないようにしましょう。
 


食べると赤ちゃんがアレルギーになりやすいものは?

カニ
母乳にはお母さんの食べた食材が含まれるため、それが原因となって赤ちゃんがアレルギーを起こす可能性があります。

母乳に含まれるアレルゲンはごく微量ですが、赤ちゃんがアレルギーを発症してしまったらお母さんの食べた食材を疑ってみましょう。

お母さんがアレルギーの元となる食材を避けることで赤ちゃんがアレルギーを発症することを防ぐことができます。
 

アレルギーを起こす症例の多い7品目の「特定原材料」は以下の通りです。

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • エビ
  • カニ

 

刺身や寿司は直接の悪影響はない!?食中毒に気を付けて

寿司
授乳中の刺身や寿司などは基本的に食べても大丈夫です。

強いて挙げるなら魚卵やトロなどの脂肪分が多いネタは乳腺炎の原因になる可能性がありますので食べ過ぎには注意しましょう。
 

また、刺身や寿司などの生ものを食べる上で気をつけたいのが食中毒です。

もしお母さんが食中毒になった場合、母乳を介して赤ちゃんも食中毒になるということはありませんが、お母さんは授乳中なので飲める薬が制限されてしまいます。

古くなったものは食中毒になる可能性があるので食べないようにしましょう。
 


まとめ

健康な赤ちゃん
以上、授乳中に食べてはいけないもの、乳腺炎やアレルギー予防についての説明でした。

筆者も生クリームを食べたら乳腺炎になり40度近い高熱と胸の痛みに苦しめられました…。

しかも原因が生クリームと気づくのに時間がかかり、週末に3週連続生クリームを食べて毎回乳腺炎になりました。

出産前に勉強しておくべきでした。
 

しかし授乳中だからといってあれもこれもと気を張り詰める必要はありません。

絶対食べてはいけないものは基本的には無いので、偏った食事や過剰摂取でなければ食べても大丈夫です。

ただ、乳腺が細い人は少しでも食べると乳腺炎になる場合があるので、気になる食材は少量から食べてみると良いかと思います。
 

ストレスを溜めない程度に授乳中の食事を楽しみましょう。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

→授乳中の悩みについて他の記事も見る



スポンサーリンク

授乳中の悩み
授乳中の悩み

授乳中の悩みカテゴリーでは、授乳についての悩みを解決する記事を掲載しています。

授乳について他の記事も読みたい方はこちらからどうぞ。

授乳中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク