MENU
離乳食

赤ちゃんが食べられる生クリーム代用食材は?簡単なレシピは?

生クリーム

ふわっと優しいイメージの、生クリーム。

でもその実態は・・・!
 

脂肪分が多いため、小さな赤ちゃんには食べさせられないのです。
 

記念日に欠かせないショートケーキも、赤ちゃんだけ何もなしでは、ちょっと寂しいですよね。

みんな、どうしているのでしょうか?
 

実は、生クリームが使えなくても大丈夫
 

簡単に、赤ちゃんも食べられる代用クリームが作れますよ。
 

これで、赤ちゃんと一緒に生クリーム(?)を楽しみましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんが食べられる生クリーム代用食材は?

豆腐
赤ちゃんでも食べられる代用クリームの作り方を紹介します。

水切りヨーグルト

これは、とっても簡単です。

ザルにキッチンペーパーを2枚重ねたものや、ドリッパーに乗せたコーヒーフィルターなどにヨーグルトを入れて、下に水受け用の一回り小さいボウルやカップをセットします。

冷蔵庫で数時間から一晩おいたらできあがり!
 

ギリシャヨーグルトのような、濃厚なクリームになりますよ。
 

フルーツやジャム、少量の砂糖などで、ひかえめに甘さをつけてあげましょう。
 

ただし、乳アレルギーのある子は食べられません
 

離乳食の様子を見て、問題がない場合におためしくださいね。
 

豆腐クリーム

こちらも簡単です。

豆腐は充てん豆腐を使う方が、水っぽさがなくて便利です。

気になる場合は、キッチンペーパーに包んで軽く水切りしましょう。
 

まず、充てん豆腐を、泡だて器などでなめらかになるまでかき混ぜます。
 

これで、クリームは完成です。
 

でも、これではまだ、お豆腐の味のまま。

少し味付けをしていきましょう。
 

お砂糖ならば、150gのお豆腐1パックに、大さじ1も入れれば十分甘くなります。

赤ちゃんにはもう少しひかえめがいいですね。

多分赤ちゃんは気にしませんが、大人が食べるならば、バニラエッセンスを数滴加えると、より豆腐っぽさが気にならなくなりますよ。
 

また、刻んだフルーツやジャムで甘みをつければ、栄養価も上がっていいですね。

干しぶどうなどを使うのも、手軽にストックできるので便利です。
 

なお、こちらも大豆にアレルギーのある赤ちゃんは食べられません。
 

ご注意くださいね。
 

カボチャクリーム

やわらかくゆでたり、ふかしたりしたカボチャを、フォークの背などでつぶします。

弱火にかけて、豆乳を少しずつ加えながら、好みのかたさに練ったらできあがり!

同じように、サツマイモで作れば、おいものクリームになります。
 

赤ちゃんには、素材の甘さで十分なので、味付けもいりません。
 

お正月のきんとんのように食べてもいいですし、クルクルとしぼり出せばモンブラン風にもなります。
 

大豆がダメな赤ちゃんは、豆乳の代わりに水で練ってもOKです。
 

こちらもさっぱりして、食べやすいですよ。
 

豆乳クリーム

 

  • 豆乳1カップ
  • 砂糖やメープルシロップ大さじ1
  • 片栗粉大さじ1
  • バニラエッセンス数滴を小鍋の中でよく混ぜます。

 

かき混ぜながら、弱火にかけて、とろりとしたらできあがりです。

かたくなりすぎるようなら、豆乳を少したしてくださいね。
 

あら熱がとれたら、冷蔵庫でしっかり冷やして使いましょう。
 


赤ちゃんが食べられる生クリーム代用を使った簡単レシピ!

ケーキ作り
生クリームといえば、やっぱりケーキ!

しかし、市販のスポンジケーキは、赤ちゃんには甘すぎたり、よくわからない添加物などもはいっていたり、と心配です。

おうちで簡単に作ってみましょう。
 

とはいっても、丸いスポンジを焼くのはちょっと大変。

卵焼き用のフライパンで、四角いケーキはいかがでしょうか。
 

ホットケーキの生地を、フライパン全体に流して焼けば完成です!

ふたがない場合は、アルミホイルをかぶせておけばOK。

焼いている間に、代用クリームを作ってもいいですね。
 

生地がしっかり冷めたら、クリームやフルーツをかざりましょう♪

クリームは厚手のビニール袋に入れて冷やしておくと、角をチョンと切ってそのまましぼり出すことができます。
 

ホットケーキミックスを使えば、生地作りもあっという間ですが、なくても問題ありません。

もし粉から作りたい場合は、

  • 卵 1こ
  • 砂糖 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1~2
  • バニラエッセンス、またはバニラオイル 少々
  • 薄力粉1.5カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 豆乳(または水)150cc程度

 

を上から順に、よく混ぜていけば作れます。
 

バニラエッセンスは加熱で香りが飛びやすいので、焼き菓子にはバニラオイルの方が向いています。

ただ、香料は必要不可欠ではありませんので、入れなくてもかまいません。
 

ベーキングパウダーは、アルミフリーのものを選びましょう。

また、ベーキングパウダーを水分と混ぜてから時間を置くと、ふくらみが悪くなります。

混ぜたらすぐに使ってくださいね。
 

赤ちゃんが生クリームを食べられるのは何歳から?

離乳食
赤ちゃんにとって、脂肪分の多い生クリームを消化するのは大変です。

まだ、消化器官が未熟なため、体に大きな負担がかかってしまいます。
 

離乳食で油を食べさせ始める目安は、9カ月以降。

しかも、初めのうちは小さじ1杯が限度です。
 

生クリームの場合、口当たりも良く、一度に食べる量が多くなりがち。

生クリームを食べ始めるのは、少し体が油の消化に慣れてからの方がいいですね。

1歳くらいを目安にしましょう。
 


まとめ

イチゴケーキ
まだ、生クリームが食べられない赤ちゃん。

でも、ヨーグルトや豆腐、豆乳など、脂肪分の少ない食材を使って、代用品を作ることができます。
 

赤ちゃんと一緒のおやつタイムが、ますます楽しくなりそうですね!
 

うちの子は乳製品がダメなので、豆腐や豆乳のクリームはわりとよく作ります。

ローカロリーでヘルシーなので、授乳中のお母さんのおやつにもおすすめですよ。

材料の分量も、あまりきっちりしなくても大丈夫なので、手軽に作れるのがいいところ。
 

豆乳クリームの材料に卵を加えれば、カスタードクリームも作れます。

どのクリームも簡単に作れるので、ケーキ以外にも、シュークリームやクリームパン、冷やしてレアチーズケーキ風にしてみたり…。

カボチャやおいものクリームは、スイートポテト風に焼いたり、衣をつけてコロッケにしたりと、月齢に合わせてアレンジもききます。
 

赤ちゃんの体質や、離乳食の進み具合などに合わせて、どうぞいろいろおためしくださいね。
 

ちなみに赤ちゃんでも食べられるケーキが売ってるお店もあります。

赤ちゃんでも食べられるケーキが買える東京のお店



スポンサーリンク

離乳食
離乳食

離乳食カテゴリーでは、赤ちゃんにあげていい食べ物・ダメな食べ物についての悩みを解決する記事を掲載しています。

離乳食について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

離乳食カテゴリーへ



スポンサーリンク