食べ物

妊娠中にチーズケーキが食べたい!本当に食べても良いの!?

チーズケーキ

チーズと言えば色々な料理やスイーツに使われていますよね。

その中でもチーズケーキは最高のデザートです。
 

そういえば、妊娠している時には、チーズを食べてはいけないということが言われているのですが皆さんはご存知ですか?

大好きなチーズケーキが食べれない!なんて悲しすぎます。
 

では、妊娠中にチーズケーキが食べたくなったらどうすればいいの?一体妊婦さんは食べていいの?いけないの?そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

妊娠中にチーズケーキを食べても良い?

チーズ
 
そもそも妊娠中にチーズを食べて良いかということからお話しします。

妊娠中は食べても良いチーズが2つあります。

  • プロセスチーズ
  • クリームチーズ

 

商品のパッケージを見た時に、この2つ名前どちらかが記載されているチーズは、加熱処理をしているため安心して召し上がってください。
 

そして、注意しなければいけないチーズがこちらです。

  • チェダーチーズ
  • ブルーチーズ
  • カマンベールチーズ
  • モッツアレラチーズ
  • ゴルゴンゾーラチーズ

これらのチーズは、ソフトチーズ・ナチュラルチーズという名称で加熱していないチーズになるので覚えておきましょう。
 

そこで「チーズケーキは妊娠中に食べて良いか」ということになりますが、チーズケーキの場合も加熱してあるものであればOKです。

安心してチーズケーキを食べるのであればベイクドチーズケーキがおすすです。

他にもチーズスフレも加熱してありますがこちらもOK。
 

また、日本で製造するチーズは加熱殺菌が義務付けられているので、国産のチーズを使ったレアチーズは安心して食べてください。

ただし、外国製のナチュラルチーズを使用したレアチーズは、加熱処理がされていないため念のため避けた方がいいですよ。
 

はっきりと加熱処理してあるかどうかわかれば良いのですが、わからない場合は安易にレアチーズは食べない方が無難かもしれません。


妊娠中にチーズケーキを食べる時に注意する事は何?

危険
 
そもそも、なぜ妊娠中にチーズを食べてはいけないと言われているのでしょうか。

それは、非加熱のナチュラルチーズはリステリア菌による感染の恐れがあるためです。
 

リステリア菌は生の食品に多く含まれている菌なのですが、妊娠中にこの菌に感染してしまうと胎児に影響が出ることもあり、早産の危険もある大変危険な菌とも言えます。

妊娠中は免疫力が低下しているため通常よりも感染率が高くなりますので、チーズを食べる際は加熱処理してあるかどうかが重要になります。
 

リステリア菌は熱に弱いため、非加熱のチーズも十分に加熱をすれば菌が死滅して食べることができますが、加熱が不十分であると菌が死滅していない可能性があるので注意しましょう。

自分で行う場合は、リステリア菌は75℃の熱を数分間加熱すれば死滅しますので、十分に加熱したケーキや料理にしてから食べてくださいね。

特に輸入物のナチュラルチーズには加熱処理がしていないので、そのまま食べるのは避けてください。

妊娠中に食べたいチーズケーキのオススメレシピは?

チーズケーキ
 
チーズケーキは意外に簡単に作ることができます。

材料はヨーグルト・ホットケーキミックス・砂糖・卵といったようにチーズを使わないレシピを早速ご紹介!!
 

【妊娠中も安心・ヘルシーチーズケーキ】

材料

  • ヨーグルト・・・・400g
  • ホットケーキミックス・・・・100g
  • 砂糖・・・・80g(甘さ控えめがお好みであれば減らしてOK)
  • 卵・・・・2個
  • サラダ油またはココナッツオイル・・・・大3
  • レモン汁・・・大1(なくても可)

 

作り方

  1. レモン汁以外の材料を全部混ぜ、最後にレモン汁を入れてよく混ぜます。
  2. オーブンは180℃(オーブンによって調節してください)に余熱をして、その後ケーキ生地をオーブンに入れたら50分じっくり焼き上げます。
  3. 竹串などを刺して液がついてこなければ完成!!(冷蔵庫で冷やせばさらに美味しいです。)

 

※丸形でもパウンド型でもOKです。

型がない場合は牛乳パックを縦に切って、アルミを中に引けば型が完成です。
 

次にご紹介するのはクリームチーズを使った本格的ベイクドチーズケーキのレシピをご紹介です。
 

【甘さ控えめだけど簡単本格的ベイクドチーズケーキ】

材料

  • クリームチーズ・・・・200g
  • 卵・・・・3個
  • 生クリーム(植物性)・・・・200g
  • 砂糖・・・・70g
  • 小麦粉・・・・大3
  • レモン汁・・・・大1と1/2

 

作り方

  1. 全部の材料を混ぜる。(ハンドミキサーを使うと簡単により滑らかな生地が出来上がります)
  2. オーブンは180℃(オーブンによって調節してください)に余熱をして、その後ケーキ生地をオーブンに入れたら30分様子を見ながら焼き上げます。
  3. 完成!(粗熱をとって冷蔵庫で冷やしてください。)

 

どちらも簡単にチーズケーキができますので是非お試しあれ!!


まとめ

妊婦さんだってチーズケーキが食べたくなります。

しかし、加熱してないチーズケーキは、チーズに含まれるリステリア菌によって感染することがあり、胎児に影響があったり流産の危険性があるため気をつけなければいけませんね。

しかし、海外のナチュラルチーズは加熱処理をしていませんが、国産のチーズは加熱処理が義務づけられているためレアチーズでも安心して食べることができます。
 

さすが日本です!
 

チーズケーキを食べるときは加熱処理をしているかどうかが重要なので、わからないときはレアチーズなどは食べない方が無難ですね。

そんなときは自分でも簡単にチーズケーキを作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。
 

私も妊娠中はチーズは食べていましたが、あまり気にもせず食べていた気がします。

最近では逆に国産でないものがお店に出回っているので、たくさんのおいしいチーズを食べれるのことは嬉しいですが、購入するときも注意が必要かもしれません。
 

そして、ケーキでも素材にこだわりがあるお店が増えてきました。

チーズを使用したケーキを購入するときは、お店の人に聞いてから購入することをおすすめします。
 

→妊娠中の食べ物についての他の記事も見る



スポンサーリンク

妊娠中の食べ物
妊娠中の食べ物

妊娠中の食べ物カテゴリーでは、妊婦が食べていいもの・ダメなものについての記事を掲載しています。

妊娠中の食べ物について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の食べ物カテゴリーへ



スポンサーリンク