子育て中の親の悩み

流産手術後の過ごし方で気を付ける事は?どれぐらい安静にしてればいい?

安静

流産の手術は日帰りの場合が多いので、手術後どれくらい安静にすればよいのか、やってはいけないことがあるのかなど、気になりますよね。
 

私も妊娠7週目の稽留流産と診断され、その2週間後に流産の手術を受けました。

それまで手術を受けた体験もなかったため、入院して手術室に入るのにすごく緊張しました。

しかし思ったよりすぐに手術は終わり、問題なければ2~3時間後には退院、となり、「あれ?意外と簡単に終わったな」、と感じました。
 

出血はあっても普通に動けるし、頑張れば家事も仕事もできそうかな?という体調なので、どのように過ごすべきか、私も悩みました。

仕事を休むかどうかも、悩みますよね~。
 

この記事では、流産手術後どれくらい安静にすればよいか、どのように過ごしたらよいかを調べまとめました。
 

スポンサーリンク

流産手術後の過ごし方で気を付ける事は?

注意
 
結論から言いますと、流産手術後1~2日は出血も多いため安静にしたほうがよく、1週間から10日は、日常生活を行えますが、決して無理をしてはいけない期間です。

妊娠、流産というのは、自分で自覚する以上に女性の体に大きな負担をかけているのです。
 

流産の手術は一般的には日帰りか1泊で行われ、手術自体は15分ほどで終わるもので、思ったよりもあっという間に終わってしまう印象です。

食事やシャワーなどの制限もないし、出血はあってもお腹の痛みや違和感もほとんどないので、次の日から仕事に行く人もいると思います。
 

しかし、無理をすると子宮内の傷が炎症するなどのトラブルも起こりえるため、次にまた妊娠できる体を取り戻していくためには、十分なケアが必要となります。
 

出血は1週間~10日ほどあり、通常なら次の生理は1か月後くらいに来ますが、それまでは、激しい運動や、夫婦生活は避けたほうがよく、無理のない生活を送ったほうが良いと思います。
 

生理が来ると、体が次の妊娠に向けて準備しているということになりますが、次の妊娠を望む場合は、いったいいつから妊娠が可能になるのでしょうか?
 

私の場合は医師から、「生理を2回見送ったら次の妊娠にトライして大丈夫です。」と言われました。

でも妊娠による女性の体への負担を考え、10年~20年先の体を思ったら、3か月から半年は次の妊娠は控えたほうがよいのかなと思います。
 


流産手術後はどれぐらい安静にする?

睡眠
 
前述したように手術後の様子に問題がなければ2~3時間後には退院となり、食事やシャワーもできます。(出血があるためお風呂は×です。)

お腹の痛みなどがなければ絶対安静にしていなければならない、ということはありません。

でも、1~2日は出血の量も多めですし、家庭や職場の環境が許すなら、ゆっくり横になる時間が必要ですよね。
 

体に負担がかかっているのはもちろんですが、気持ち的にも、この一日は結構こたえますよね。

心身ともにリラックスし休む時間を、ぜひ取ってあげてください。
 

私の体験としても、流産が確定してしまってから数日たっての手術だったので、赤ちゃんを失った悲しみを受け止める方向にいっていました。

人生初めて、本格的な手術室で麻酔をかけられ、手術を受ける(術中のことはもちろん覚えていませんが)ということを体験して、すっごく疲れたのを覚えています。

私の場合は環境的に許されたので、次の日まで死んだように眠りました。
 

流産手術後の仕事復帰はいつから?

重い荷物
 
流産手術後、次の日には仕事をした、という方も多いと思います。

職場に妊娠のことを話していなければ、流産の手術とも言いにくいですからね。

簡単にお休みをとれない職場もたくさんあるので一概には言えないと思いますがやはり、せめて次の日くらいはゆっくりしたいところですよね。
 

私は、次の日休みもらえてよかった~。と思いました。

どうしても仕事に行かなければならない場合でも

  • 無理に動いたり
  • 重いものを持ったり

ということがないように気を付けてくださいね。


まとめ

以上、流産手術後の過ごし方について書かせていただきました。

まとめてみますと、

  • 流産手術後、1~2日は安静にするのがベスト。
  • 1週間から10日で出血が収まってくるので、その間、通常の生活を送って大丈夫。
  • 1か月後に生理が来るまでは、激しい運動を控え、無理のない生活を送る。
  • 次の妊娠は最低でも三か月過ぎてからが望ましい。

ということになります。
 

妊娠、流産、流産の手術というのは、女性の体にも心にも、多くの負担をかけるものです。

次の妊娠を望む方であればそれに備えて、そうでなくても、今後の体を考えて、決して無理せず体をケアしてくださいね。
 

流産を経験する女性もたくさんいると思いますが、流産のあと数か月後に正常に妊娠して元気な赤ちゃんが生まれているご家族もたくさんいますよね。

妊娠を望む方には、つらい経験をしたとしても、前向きに思って毎日を過ごしていただきたいと思います。

ありがとうございました。



スポンサーリンク

子育て中の親の悩み
子育て中の親の悩み

子育て中の親の悩みカテゴリーでは、子育て中の親に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

親の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子育て中の親の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク