MENU
妊娠中の悩み

妊婦が石油ストーブを使用!匂いは胎児に影響ある?注意点は?

ストーブ

寒冷地の暖房器具と言えば、石油ストーブですよね。

雪国に在住している我が家では、子供の頃から当たり前のようにある生活家電です。
 

私の妊娠がわかったのが年末の寒い冬の事だったので、もちろんいつものように石油ストーブで暖をとっていました。
 

さて、今回は石油ストーブをつける時や消した時に出る匂いについてです。

不完全燃焼を起こしているのか臭い時がありますよね。

大人でもちょっと気分が悪くなるほど匂うことがありますが、妊娠中にこのにおいを嗅ぐと、胎児に何か影響があるのでしょうか?
 

また、使用する際の注意点について詳しく調べてみましたのでお話していきますね。
 

スポンサーリンク

妊娠中の石油ストーブ使用で匂いは胎児に影響しないの?

ストーブ
 
結論からいうと、妊娠中の石油ストーブ使用はこまめに換気をすれば特に問題ありません

石油ストーブを消すときやつけるときに、不完全燃焼のにおいが出ますよね。

不完全燃焼の際に出る一酸化炭素は、多量であれば、血液と一酸化炭素が結びつき、胎児への酸素供給が少なくなって、これが続くと胎児への発育障害が出る可能性は出てきます。
 

ですが、家庭で使う石油ストーブで点火時、消火時に少し臭気を感じるくらいなら、一酸化炭素の量は少ないため、まず胎児への影響はないと考えて良いでしょう。

ただし、ご使用の石油ストーブのマニュアルにも記載があると思いますが、くれぐれも換気はしっかりして下さいね。

つわりで匂いが気持ち悪くなってしまう妊婦さんは特に、換気を怠ってはいけません。
 

最近の石油ストーブはあまり匂いが出ないようになっている製品が多いようですが、いつもより臭いと思ったり、他にも異常を感じたら、すぐにストーブを止めて点検しましょう。

芯が古かったり汚れていたりすると不完全燃焼を起こすことがあるため、その場合は、掃除や交換するなど対応が必要です。
 


妊娠中の石油ストーブ使用で注意することは?

換気
 
妊娠中でも、石油ストーブを使用して問題ないというお話をしてきましたが、使用する際の注意点についてお話していきますね。

石油ストーブは空気中の酸素を使用して運転しています。

ですので、換気をせずにずっと使用していると、空気中の酸素が減少しますので、やがて不完全燃焼を起こす可能性があります。
 

不完全燃焼を起こすと、一酸化炭素が発生するため、大量に吸い込んでしまうと一酸化炭素中毒になる恐れがあります。

ですので、酸素を室内に入れるという意味で、こまめに換気をする必要があるのです。
 

換気の目安としては、ご使用の製品にも記載があると思いますが、一般的には一時間ごとに1~2回、各5~10分程度のようです。
 

ちなみに私は、石油ストーブを使っていて長らく換気をしないでいると、部屋の空気がどんよりしてきて頭痛がする時があります。

たとえ換気を忘れていても自然とそのタイミングで換気をしますが、石油ストーブ使用中にはくれぐれも眠ってしまわないように注意して下さいね。
 

というのも、頭痛やめまいは一酸化炭素中毒の兆候の症状なのです。

石油ストーブを使用したまま寝てしまうと、換気が必要な状態で気分が悪くなっていることもわからなくなって、そのまま意識を失い寝てしまう可能性がありますので危険です。
 

最近の住宅は気密性が高いので、一酸化炭素中毒を起こしやすくなっているそうです。

ご使用の環境にも左右されますので、換気しなければならない時間や回数にとらわれず、頭痛やめまいを感じたらすぐに換気しましょう。
 

妊娠中に一酸化炭素中毒に!胎児は大丈夫!?

頭痛
 
妊娠中に一酸化炭素中毒になってしまったら、赤ちゃんが大丈夫なのか心配ですよね。

もし一酸化炭素中毒になったら、症状は

  • 軽い疲労感
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • おう吐

などの症状が出てきます。

さらに悪化すると、

  • 血圧が低下し運動障害が現れる
  • 意識障害
  • 昏睡状態

などになり、最悪は呼吸停止して、死に至ってしまうこともあります。
 

胎児への影響はと言うと、酸素の供給が減るために、その時間が長ければ発育障害が出る可能性は出てくることが考えられます。

と言っても、だいたいが長い時間、頭痛やめまいがしたまま換気もせずに石油ストーブを使い続けることは考えにくいので、重症化は避けられるはずです。

ですので、母体の一酸化炭素中毒症状が軽い場合は、もともと胎児は低酸素で成長するため、あまり問題にはなりません。
 

しかし、一酸化炭素中毒と思われる頭痛や吐き気などの症状が現れた場合は、症状が治まったとしても念のためかかりつけの医師に相談するようにして下さいね。
 


まとめ

妊娠中に石油ストーブを使用するのは、灯油臭さが大丈夫なのか心配な方もいらっしゃると思いますが、しっかり換気さえしていれば問題ないことがお分かりいただけたと思います。

問題は、匂いではなく一酸化炭素中毒になってしまうことですね。

換気さえすれば問題ありませんが、換気を全くしなかった場合は最悪胎児にも影響を及ぼす可能性がありますのでしっかりと意識して下さい。
 

雪国にお住いの方はお分かりかと思いますが、ドアを開けただけでも冷気が入り込んできて部屋の温度が下がってしまいますよね。

換気をすればせっかく暖まった部屋が寒くなってしまいますから、正直換気したくないかも知れませんが、換気はとても大事です。

私も換気で寒くなることを嫌がって、換気せずに使っていたことがありますが、頭が痛くなりますし、“酸欠状態”ですから決して良くありませんよね。
 

特に、妊娠中に一酸化炭素中毒が重症化してしまったら、母体の命も危ないですし、お母さんから酸素を供給されている赤ちゃんへの影響も出てきます。

石油ストーブをつけたまま寝てしまうなんてことは、万が一を考えたら危険です。

もし、換気を忘れてしまってなんらかの症状が出た場合、軽度であれば新鮮な空気を吸うことで症状は治まると言われています。
 

しかし、意識障害などの重度の場合は、すぐに救急車を呼んだ方が良いと思われます。
 

自分一人の体ではない妊娠中ですから、換気は意識的に行いながら石油ストーブを使用しましょう。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク