妊娠中の悩み

妊娠後期の眠気とだるさの原因は?症状がひどい場合の対処法は?

だるい

妊娠後期に入り、昼間の眠気や身体がだるくて悩んでいる人はいませんか。

私も妊娠後期はどんなに寝ても昼間の眠気が収まらず「もしかして病気?」と思うほどでした。
 

なんでこんなに眠いの?このだるさは何?」「どうしたら治まるの?」など疑問に思う妊婦さんも多いでしょう。
 

  • 妊娠後期に眠いだるい理由といつまで続くのか
  • 妊娠後期に眠いだるいときの対処法
  • 妊娠後期に夜ぐっすりと眠る方法

など、妊娠後期の眠気や身体のだるさの理由や対策について詳しくお伝えします。

産後の育児でも眠気はつきものですので、今のうちに眠気の対処法を心得ておきましょう!

スポンサーリンク

妊娠後期の眠気とだるさの原因は?

だるい
 
しっかり寝ているはずなのに、あまり疲れてないはずなのに、妊娠後期に現れる尋常じゃない眠気や身体のだるさ
 

私はあまりにも眠すぎて不安になる事もありました。

原因がわからないと、妊娠中は今まで以上に不安感が強くなってしまうものなのです。
 

でも安心してください。

妊婦さんの尋常じゃない眠気や身体がだるくなるのには、ちゃんとした理由がありました!
 

ホルモンの変化

妊娠初期には眠気を促す働きの「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌され、常に眠気を誘います。

妊娠後期になるとホルモンの分泌が変わってきて「エストロゲン」というホルモンが多く分泌されるようになります。

このホルモンは逆に眠気を抑え夜の眠りが浅くなりやすくなります。
 

産後は夜中も起きて赤ちゃんに授乳をする必要がありますので、このホルモンの変化は産後の授乳生活への準備とも言えるかもしれません。
 

エネルギー不足

妊娠後期に入ると急にお腹が大きくなります。

体重も増えるので今まで以上に体力を消耗し、身体に負担がかかってくるのでだるくなるのは当然ですよね。
 

お腹が大きくなると胃が圧迫され、食べる量が減ってしまう事で知らずにエネルギー不足になってしまいます。

そのため身体を休めようと眠気に襲われるのです。
 

寝不足

大きくなったお腹の影響で、寝返りがしにくかったり、息苦しくなったりと、夜ぐっすり眠れない事があります。

お腹の赤ちゃんも大きくなり激しい胎動で夜寝られなくなってしまう人もいるようです。
 

またお腹が大きくなるだけではなく、臨月に近くなると出産に向けて子宮の位置が下がってきます。

すると、膀胱が圧迫されて頻尿になり、夜中に何度もトイレに起きてしまうことがあります。
 

自律神経の乱れ

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいため、自律神経もその影響を受けて乱れやすくなります。

自律神経が乱れると様々な不調をもたらします。

眠気や身体のだるさもその症状の一つです。
 

貧血

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、多くの鉄分を必要とするため妊婦さんの鉄分が欠乏しがちになります。

貧血で身体のだるさ、めまい、動機などの症状が現れやすくなります。
 


妊娠後期の眠気がひどい場合の対処法は?

妊婦
 
お昼にしなければいけない事があるのに、強い眠気に襲われて困ってしまう…なんて経験をしている妊婦さんも多いはずです。

妊娠後期に眠くなってしまうのは、どう乗り切ればいいのか対処法をご紹介します。

眠くて仕方ない妊婦さん!ぜひご参考にしてください。
 

  • 短時間でもいいので昼寝をする
  • 冷たい水やタオルでリフレッシュ
  • 少量のカフェイン飲料を飲む
  • 軽い運動をする
  • 外に出て気分転換する

眠気対策で一番効果があるのが、短時間でもいいので昼寝をすることです。

仕事をしていない方は1~2時間くらい寝てもいいでしょう。

仕事をしていて昼寝ができない方は10分~15分など短時間でもいいので眠る事で眠気が治まります。
 

妊娠中はカフェインを摂り過ぎてはいけませんが、コーヒーであれば1~2杯程度と少量であれば大丈夫です。

どうしても眠気をおさえたい場合は飲む量を守ってうまく活用するといいでしょう。
 

眠いと感じたときはその場から離れてみるのも一つの方法です。

  • 外の空気を吸って気分転換したり
  • ストレッチなど軽く身体を動かす

などもリフレッシュになりなり眠気を軽減できます。
 

お腹が大きくて夜ぐっすり眠れない妊婦さんは、抱き枕やクッションで楽に眠れる姿勢を見つけましょう。
 

シムス体位」はお腹が圧迫されずオススメです。

シムス体位とは横向きになって両膝または上にくる膝だけを少し曲げる姿勢です。

左側を下にしたほうが静脈がつぶれないため血流促進にはいい姿勢と言われています。
 

妊娠後期は夜寝つきづらい時期でもありますが、少しでもぐっすり眠れるために試してみてくださいね。

妊娠後期の眠気はいつまで?

妊婦
 
妊婦さんの眠気については個人差があり、いつまで続くのかというはっきりした時期はありません
 

私は妊娠初期からホルモンのバランスの変化で眠く、出産するまで眠気は治まりませんでした。

マタニティライフは「いつも眠たかった」という記憶しかありません。

私の場合お昼寝する時間が取れていたのが救いでした。
 

妊娠後期はお腹が大きくて夜に眠りづらい日が続きますので、昼間の眠気とうまく付き合って過ごしましょう。


まとめ

妊娠後期の眠気やだるさの理由と対処法についてご紹介しました。

  • ホルモンの変化
  • 自律神経の乱れ
  • ママのエネルギー不足

などによって眠気やだるさを感じます。

対処法としては少しでもお昼寝することが一番オススメです。

仕事中の妊婦さんは気分転換に身体を動かしたり、外の空気を吸いに出たりするといいでしょう。
 

妊娠後期は疲れやすく眠い、だるいと感じるのは身体が休みたいと求めているからでもあります。

つらい場合は無理をせずに休憩をとり、横になって休むようにしてくださいね。

仕事や育児、家事も大事ですが、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんとママ自身が一番大切ですので身体をいたわるようにしましょう。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク