子どもの発達

ホッピングは何歳からできる?練習方法や上達するコツ!人気のホッピングとは!

ホッピング

ホッピングというのは、アルファベットの「T」のような形をしたもので、飛び跳ねて遊ぶ道具です。

このホッピングは、昔から遊ばれていたもので大人にも人気のあるものなのです!
 

一見、難しいそうなホッピングですが、いったい何歳から遊ぶことができるのでしょうか。

今回この記事では、ホッピングの対象年齢と、練習方法をまとめてみました。
 

上手になるコツも合わせて書いたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

ホッピングは何歳からできる?

ホッピング
 
ホッピングの対象年齢は5歳~となっているものがほとんどです。

ホッピングはバランスを取りながらコントロールして乗らなければいけないので、小さい子どもだと少し難しい遊び道具のようですね。

早い子だと4歳くらいから遊べる子もいるようですが、自分でしっかりとコントロールをとれるようになるまでは、ケガをしないためにも無理をしないほうがいいでしょう。
 

通常、ホッピングは飛び跳ねて遊ぶもので昔から遊ばれていた人気の遊び道具の一つなんです。

ホッピングで遊ぶと頭が良くなるだとか、はたまた胃下垂になるなんて言われたりもしますが、これには医学的根拠はないそうです。
 

しかし、ホッピングで遊ぶことで得られる効果もたくさんあることがわかっています。

それは、バランスをとりながら飛び跳ねて遊ぶことで、

  • 子どものバランス感覚を身につける
  • 体力をつける

などができます。

体感も鍛えられるので、大人にも人気のある道具なのです。
 

子どものころからホッピングで遊んでいれば、

  • 転びにくくなる
  • 集中力があがる

など、遊びながらの体の土台作りが期待できます
 

まだ、ホッピングで遊んだことがないという人はぜひ、自分の子どもの遊び道具の一つに取り入れてみてはいかがでしょうか。
 


練習方法や上達するコツとは?

注意
 
まず、ホッピングの練習方法を説明する前に、ホッピングを使う際の注意点があります。

注意点としては、

  • 道路などの危ないところでは遊ばないこと
  • ヘルメットを着用すること
  • 滑りやすい場所や地面がぬかるんでいるような柔らかい場所では遊ばない
  • 30分以上は使用しない
  • 食後はすぐ乗らない
  • 連続使用後のバネは熱くなっていることもあるので触らない

 

ホッピングで遊ぶには、これらの注意点を守ったうえで遊ぶようにしましょう。

また、小さな子どもが遊ぶ際には、必ず保護者の目の届く範囲で遊ぶようにしてくださいね。
 

次に、ホッピングの練習方法です。

子どもが一人で初めてホッピングをやるには、まだバランスをとることが難しいので一人で飛べない子がほとんどです。

なので、最初は親が子どもを支えてあげて、子どもにジャンプの感覚をつかませることから始めてみましょう。
 

何回かやっていると、子どもは自分でコツをつかんで一人で続けられるようになります。

初心者向けのホッピングもありますから、最初はそれで練習してみるといいかもしれませんね。
 

上達するコツとしては、ジャンプするときに手を無理に引き上げずにホッピングと一体化した気分になってやると上手に飛べることができるようになるかもしれません。

自分に合った練習方法で練習してみてくださいね。
 

子どもに人気のおすすめホッピング

おすすめ
 
子どもに人気のおすすめホッピングをいくつかご紹介します。
 

ラングスジャパン(RANGS)

このホッピングは足踏み部分が滑り止めになっていて、子どもでも簡単にバランスをとりながら乗ることができます。

初心者向けのホッピングですね。
 

カラーバリエーションも豊富なので、男の子にも女の子にも人気のある商品です。
 

リビングリンクス

このホッピングは、ハンドル部分が取り外すことができ、また足踏み部分も折りたためるため子どもでも持ち運びしやすいというのが大きな魅力の商品になっています。

対象年齢は6歳以上
からとなっているので、小さな子どもだと少し難しいつくりになっていますが、年中さんくらいの子どもにはぴったりの商品ではないでしょうか。
 

バランス感覚を養うこともできるので、ぜひ遊びの一つに取り入れてみてくださいね。
 


まとめ

いかがでしょうか。

ホッピングは対象年齢5歳から遊べるものが多いことがわかりましたね。

ホッピングで遊ぶことで、子どものバランス感覚が養われたり、体の体幹を鍛えることができるので、ぜひ子どもの遊び道具の一つに取り入れてみてくださいね。
 

ホッピングで遊ぶ際には

  • 道路などの危ないところでは遊ばないこと
  • ヘルメットを着用すること
  • 滑りやすい場所や地面がぬかるんでいるような柔らかい場所では遊ばない
  • 30分以上は使用しない
  • 食後はすぐ乗らない
  • 連続使用後のバネは熱くなっていることもあるので触らない

 

これらの注意点をしっかり守って遊ぶようにしましょう。

子どもに人気おすすめホッピングもご紹介しているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

この記事があなたの役に立つことを祈っています。



スポンサーリンク

子どもの発達
子どもの発達

子どもの発達カテゴリーでは、言葉や体などの子供の発達についての悩みを解決する記事を掲載しています。

子どもの発達について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子どもの発達カテゴリーへ



スポンサーリンク