離乳食

赤ちゃんにふりかけはいつからOK?選び方や手作りレシピも紹介

ふりかけ

ご飯などにふりかけをかけて食べると、いろいろな味が楽しめて美味しいですよね。
 

赤ちゃんに早くいろいろなふりかけでご飯をもっとおいしく食べてほしいと思うママも多いのではないのでしょうか。
 

で、赤ちゃんは、いつからふりかけを食べられるようになるのでしょうか?

また、どんなふりかけなら早く食べられるのでしょう?
 

今回は、赤ちゃんがふりかけを食べられるようになる時期と、離乳食向けのふりかけの選び方や作り方などをご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

赤ちゃんにふりかけはいつからを食べさせていいの?

ふりかけ
 
赤ちゃんがふりかけを食べられるようになるのは、赤ちゃん用のふりかけで商品にもよるのですが、早くて生後9ヶ月からです。
 

大人用のふりかけは、離乳食の終わる1歳半を過ぎてから少しづつ慣らすことで、食べられるようになります。

子供向けのふりかけにも、離乳食が完了していれば食べられるようになると記載されているものが多いです。
 

しかし、いきなり大人用のふりかけは赤ちゃんもびっくりしてしまいますので、まずは赤ちゃん用のふりかけから始めましょう

なぜ大人用と赤ちゃん用があるのかというと、大人用のふりかけは塩分がたくさん含まれていて、たくさんの調味料で味がとても濃く作られています。
 

食品添加物なども多くみられるので、赤ちゃんにはあまり向いていません。
 

対して赤ちゃん用のふりかけは、食品添加物も入れられておらず、赤ちゃんが食べやすい食材を使って作られています。

味付けも薄く赤ちゃん向けに作られているので、9ヶ月の赤ちゃんでも食べられるんですね。

ですが、味が薄いとはいえやはり赤ちゃんにとっては塩分が多いものなので、あげるときは少量だけにしましょう。
 

また、本来赤ちゃんは私たち大人よりも舌が敏感で、素材の味でも十分に感じられます。

ふりかけばかりに頼るとそれに慣れて、ふりかけがないとご飯を食べないようになることもあるので、ふりかけの頻度には注意が必要です。
 

また、食物アレルギーのある赤ちゃんは、アレルギー食材が入っていないかもよく確認しなければいけません。
 


離乳食に向いているふりかけの選び方

ポイント
 
離乳食用のふりかけを選ぶポイントは、原材料です。

ふりかけなどの食品にはパッケージに原材料が書かれていますが、赤ちゃんにとって良くないものができるだけ少ないふりかけを選びましょう。
 

例えば、

  • 食品添加物
  • 塩分
  • 糖分
  • 油分

などですね。

  • 食品添加物・・・腸内の環境を悪くする
  • 糖分・・・虫歯になったり免疫力を下げる

など過剰摂取は悪い影響ばかりを及ぼします。
 

大人にとってももちろんいいものではないのですが、まだ離乳食時期の赤ちゃんは食べる練習の途中で、ダイレクトに食べたものの影響を受けやすくなっています。

ベビーフードのふりかけの多くは赤ちゃんに優しく作られていますが、それでもやはり原材料はチェックしておくようにしましょう。
 

離乳食用の手作りふりかけレシピ

ふるかけレシピ
 
手作りのふりかけは、

  • 赤ちゃんのアレルギー食材を完全に取り除くことができる
  • 何が入っているかも自分で作ってよくわかる

など、安心して赤ちゃんにも食べさせられます。
 

いくつかレシピをご紹介しましょう。
 

しらすとヒジキのふりかけ

 

材料

  • 乾燥ヒジキ…10g
  • しらす…20g
  • 白ごま…大さじ1
  • ゆかり…大さじ1
  • かつお節…5g

 

作り方

  1. ひじきを水でもどし、水気を切っておく
  2. フライパンにひじきを入れて火をつけ、しっかり水気を飛ばす
  3. しらすも加え炒め、さらにごまとゆかりも加えて炒める
  4. かつお節を入れて混ぜ合わせ、完成

栄養満点のひじきと、月齢の低いお子さんでも食べやすいしらすのふりかけです。調味料を使っていないので、体に優しい健康志向で安心ですね。
 

たまごふりかけ

 

材料

  • 卵…1個
  • かつお節…1パック
  • 青のり…適量
  • いりごま…適量
  • 砂糖…小さじ2

 

作り方

  1. 卵を溶き、そこにかつお節、青のり、いりごま、砂糖を入れて混ぜ合わせる
  2. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、弱火から中火で細かい炒り卵にする
  3. クッキングシートにいりごまをのせ、電子レンジで500W2分→1分→1分と徐々に加熱し、冷ます
  4. 2をほぐしながら1に入れ、混ぜ合わせて完成

手作りでできるのりたまのようなふりかけです。

大人が食べる場合は砂糖の代わりにはちみつで代用できますよ。
 


まとめ

ふりかけは、

  • 赤ちゃん用は生後9ヶ月から食べられる
  • 大人用は離乳食が終わった1歳半以降から
  • 塩分が高いので、赤ちゃんには与え過ぎに注意する
  • 離乳食に使う時は原材料をよく見て、赤ちゃんに優しいものを選ぶ

ということでした。
 

わたしもまだ子供にふりかけを食べさせたことがないので、食べられるようになったら手作りのふりかけをあげてみようと思います。
 

ふりかけはいつものごはんを美味しくしてくれますが、食べ過ぎには注意が必要です。

赤ちゃんがふりかけに慣れてしまわないよう、食が進まない時や、特別な日などにあげるようにしましょう。



スポンサーリンク

離乳食
離乳食

離乳食カテゴリーでは、赤ちゃんにあげていい食べ物・ダメな食べ物についての悩みを解決する記事を掲載しています。

離乳食について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

離乳食カテゴリーへ



スポンサーリンク