MENU
授乳中の悩み

授乳後に胸がズキズキ、チクチク痛い原因や対処法は?

授乳

授乳後に胸が痛んで困っていると悩んでいるママさんは少なくありません。

産後はおっぱいのトラブルが起こりやすく、ほっとくととんでもない痛みに襲われたり、病気にかかっていたりする場合もあります。

そこで、今回はおっぱいが痛む原因と、その対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク

授乳後に胸がズキズキ痛い原因は?

授乳
 
痛みの感じ方は人それぞれですよね。

人によっては痛みを感じない人もいれば、激しい痛みを感じる人もいます。

では、授乳後に胸がズキズキと痛む場合の原因で考えられることはいったい何なのでしょうか。
 

乳腺が詰まった場合

母乳の通り道でもある、乳腺や乳管といわれる場所に母乳が詰まってしまうと強い痛みを伴う場合があります。

この場合、痛みを放置してしまうと「乳腺炎」になることがあるので注意が必要です。
 

ちなみに、乳腺炎になると胸が赤く腫れたり、発熱があったりなどの症状があらわれます。

乳腺炎は、母乳をあげているママにとって一番おこりやすいトラブルでもあるので、少しでもおかしいなとおもったら、かかりつけの産婦人科に相談してくださいね。
 

乳口が詰まった場合

母乳の出口である乳口が詰まっているかもしれません。

乳口が詰まってしまうと、炎症がおこり「乳口炎」になる場合もあります。
 

これは、赤ちゃんがおっぱいをうまく吸うことができなかった場合に起こる可能性があります。

乳首全体を口で覆うことができずに、先端だけくわえて吸ってしまうと、乳口に負担がかかり詰まってしまいます。

授乳する時は、赤ちゃんがうまく吸えているか確認しましょう。
 

母乳が作られることによる張り

母乳がたくさん作られることで、乳腺がパンパンに張ってしまうことがあります。

この張りの痛みは人それぞれですが、人によっては激しい痛みを伴う場合があります。

母乳がたまっているのに、出さないでいると乳腺が詰まる原因になりおっぱいがパンパンに張れてしまうことになるのです。
 

赤ちゃんの母乳を飲む量は定まっていないことから、作られる頻度と出す量が比例せずに母乳を全部出しきれないということがあります。

なので、もしまだ張っているなと感じた場合は、自分で母乳を搾乳するというのも痛みを起こさないようにする一つの方法です。
 

細菌で炎症が起きている場合

乳頭に細菌がはいり炎症を起こして痛みを伴う場合があります。

これが、原因で乳腺炎になることも考えられるので、乳頭周辺の痛みを感じたらすぐに対処することが大切です。
 


授乳後に胸がズキズキ、チクチク痛い時の対処法!こんな時は病院へ

おっぱいマッサージ
 
授乳後に胸が痛くなってしまった場合の対処法をご紹介します。
 

おっぱいマッサージをする

おっぱいマッサージはいつでも手軽に実践できることから、効果的な対処法といえるでしょう。

おっぱいに痛みを感じたら、乳房全体をやさしくマッサージしてみてください。

このときに、バストの付け根部分から母乳をすべて押し出すようなイメージでマッサージしてください。

乳腺の詰まりなどが解消されて、痛みが緩和されていく場合があります。
 

授乳回数を増やす

おっぱいが張ってしまい、痛みを感じてしまう場合は、赤ちゃんの授乳回数を少し増やしてみてください。

母乳は赤ちゃんが欲しがる分だけあげても、問題ないとされているので赤ちゃんが飲める場合は回数を多めにしてみましょう。
 

もし、赤ちゃんがお腹いっぱいで欲しがらないという場合は、搾乳して母乳を絞り出せばおっぱいの張りもおさまり、痛みも緩和していく場合があります。
 

乳頭と清潔に保つ

乳頭を不潔にしていると、細菌がはいりやすくなり炎症を起こす原因になります。

授乳後は、清潔なガーゼでふくなどしてできるだけ乳頭を清潔に保つことが必要です。
 

食生活に気を付ける

乳腺炎にならないためにも、食生活に気を付けましょう。

糖分や脂肪分の多い食品を取りすぎると、乳腺が詰まる原因になります。

野菜を中心に取りながら、食生活から整えていってくださいね。
 

乳腺炎の可能性がある場合は、すぐにかかりつけの病院に行き状態が悪化しないように気を付けてください。

授乳後の胸の痛みや乳腺炎を起こさないための対処法!

 
乳腺炎は、母乳が乳腺に詰まることで起きる病気です。

なので、乳腺に母乳が詰まらないように対策する必要があります。

  • 食生活を整える
  • おっぱいが張った場合は授乳回数を増やすか搾乳する
  • おっぱいマッサージをする

 

おっぱいの痛みを感じたときの対処法は、同時に乳腺炎を起こさないための対処法でもあります。

少しでもおっぱいに違和感を覚えた場合は、助産師さんに相談するか、医師の診断を仰ぎましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

授乳後のおっぱいがズキズキと痛む原因についてわかってもらえたでしょうか。

おっぱいが痛む原因

  • 乳腺が詰まった場合
  • 乳口が詰まった場合
  • 母乳が作られることでの痛み
  • 細菌に感染して起こる痛み

ということがわかりました。
 

産後はホルモンバランスが乱れるので、おっぱい以外にも不調があらわれる場合があります。

赤ちゃんの体調管理ばかりに気を取られて、自分の身体を後回しにすることがないようにしてくださいね。

この記事があなたの役に立つことを祈っています。
 

 

→授乳中の悩みについて他の記事も見る



スポンサーリンク

授乳中の悩み
授乳中の悩み

授乳中の悩みカテゴリーでは、授乳についての悩みを解決する記事を掲載しています。

授乳について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

授乳中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク