妊娠中の悩み

おしるしから陣痛までにかかる時間はどれぐらい?初産婦と経産婦では違う?

分娩の兆候の1つである「おしるし」。

医学用語で「産徴」と言い、いよいよ赤ちゃんに会える日が近付いてきている証拠です。
 

でも、おしるしという言葉は知っていても、実際おしるしとはどんなものなのか、おしるしから陣痛まではどのくらいの時間がかかるのか、あまり知られていないように思います。
 

今回は、おしるしから陣痛までにかかる時間がどれくらいなのか、そして初産婦と経産婦で違いがあるのかということをまとめましたので、是非参考にしてみて下さいね。
 

スポンサーリンク

おしるしから陣痛までにかかる時間はどれぐらい?

時間
 

まずは、おしるしがあってから陣痛が始まるまでにはどのくらいの時間がかかるのかご紹介します。

出産が近付いてくると、前駆陣痛(プレ陣痛)が起こります。

それにより少しずつ子宮口が開くことによって卵膜と子宮口の間にズレが生じ、少量の出血が起こります。

その血液と警官粘液が混ざり合って、おしるしとなります。
 

つまり、おしるしがあったということは子宮口が開き始めているということなので、出産が近付いていることは確かです。
 

しかしながら子宮口の開いていくスピードは様々なので、おしるしがあったからといってどんどん子宮口が開いていくかというと、そうとは限りません。

その為、おしるしから陣痛までの時間は人それぞれです。
 

平均的には陣痛が始まる日の3日前から当日の人が多いのですが、おしるしがあってから1週間程経ってからやっと陣痛が始まる人もいます。
 


おしるしから陣痛までの時間は初産婦と経産婦では違う?

女性二人

おしるしは、ある人とない人がいます。
 

おしるしがあるかないかは、初産婦であるか経産婦であるかは関係ありません

約半分の人がおしるしがないまま出産すると言われています。

私は2回出産しましたが、1人目はおしるしがなく、2人目はおしるしがありました。
 

そもそもおしるしがあるかどうかが分からないので、おしるしから陣痛までの時間が1人目だから遅いとか2人目だから早いと予想することは難しいです。

でも一般的に分娩にかかる時間が経産婦の方が早い人が多いので、おしるしから陣痛までの時間も経産婦の方が早い傾向にあります。
 

おしるしがあったけど陣痛が来ない時は?

悩む

ご紹介してきたように、おしるしは分娩の徴候ではありますが、すぐに陣痛が始まるとは限りません

おしるしがあってから数日経ってまだ陣痛が始まらなくても、焦らなくて大丈夫です。

もちろん無理をしたり遠出をしたりしてはいけませんが、それまで通り普通に過ごして問題ありません。
 

中にはおしるしから1週間以上経って陣痛が始まる人もいます。

もう来るもう来る!と思っていると、気が休まりません。

出産後には赤ちゃんのお世話でゆっくり寝られない日々が始まりますので、今のうちに体力を温存するつもりで、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。
 

さらに周りの人に、おしるしがあったからもう間もなく産まれると伝えてしまうと、おしるしから陣痛まで長く日数がかかった場合に、まだかまだかとプレッシャーがかかってしまう可能性があります。

おしるしから陣痛までは意外と長く時間がかかるものだと心に留めて、周りの人に焦らされることのないようにしておいた方が、平穏な心で過ごせると思います。
 

おしるしがあったら、いつ陣痛が始まってもいいように入院準備を整えた上で、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんのタイミングを待ちましょう。
 


おしるしがあった時に注意すること

陣痛

おしるしがあっても、特に生活を変えないといけないことはありません。

もし、出血の量が生理のように多い場合やいつまでのだらだらと続く場合、激しい痛みを伴う場合は受診するようにしましょう。
 

もしだらだらと水っぽいおりものが出ている場合は、破水をしている可能性も考えられます。

陣痛が来る前に破水をすると、子宮内に細菌が入ってしまうこともあります。

おしるしであれば問題ありませんが、破水かなと思ったら、病院に相談しましょう。
 

まとめ

新生児

おしるしから陣痛までの時間がどれくらいかかるのか、初産婦と経産婦の違い、注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
 

私は2人目の出産で初めておしるしを経験しました。

すでにプレ陣痛がよく起きていたので、おしるしにそれほど驚いたつもりはなかったのですが、もうすぐ本陣痛が始まる!と構えてしまったのか、3歳になる前の敏感な上の子はずっと私にくっつくようになりました。

それから3日後に本陣痛が始まったのですが、上の子は私にくっつくだけでなく、少し体調を崩し、とても不安そうにしていました。
 

せっかく上の子とゆっくり過ごせるはずの時間だったのに、早くから私の動揺が伝わってしまい、もっと平常心でいられたらそこまで不安にさせてしまうこともなかっただろうなと、申し訳なく思いました。
 

おしるしから陣痛までの時間は人それぞれです。

1週間以上もある人もいるので、おしるしがあったからと言ってあまり構える必要はありません。
 

おしるしがあったら、落ち着いて準備をして、残り少ないマタニティライフを是非満喫して下さいね。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク