妊娠中の悩み

妊婦がヒール靴を履いて大丈夫?オススメの靴の選び方は?

ヒール靴

靴はファッションにいて重要なアイテムの一つです。

妊娠すると体形が変わり大きくなるお腹に重心が向いてしまうので、妊娠前までに履いていたオシャレな靴がなかなか履けなくなることもあります。
 

妊娠中は転倒をしないように、しっかりバランスの取れる靴を選んで履きたいですよね。
 

オシャレなヒール靴もバランスが取れて安全に履けるなら、ちょっとしたお呼ばれにも履いていきたいと思いませんか?

今回は「妊娠中のヒール靴はアリなのか」を中心に、私が思うお勧めの靴や選び方を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中だけどヒールのある靴を履いてもOK?

「妊娠中でもオシャレな靴を履きたいな」と思う気持ちは同じ女性としてわかります。

でもハイヒールなどの地面と接している面積が少ないのでバランスが取りづらくて転んでしまう可能性が高く、控えた方がいいと思われます。
 

一方、ローヒールのウェッジソールタイプの靴だったら脱ぐのも履くのも簡単で実はバレエシューズよりも歩きやすいという場合もありますので、ヒール靴が全くダメだという訳ではないと私は思っています。

実際のところ、普段からヒールのある靴を履き慣れている人にしてみるとバレエシューズのようなぺたんこ靴を履くと足が痛くなってしまうことも多くみられるのです。
 

かくいう私もたくさん走ったりしなければ痛くならないスネが突っ張るように痛くなり、かかとへの衝撃が吸収しきれなくて真っ赤になってしまいました。

慣れてしまえば何てことはないのでしょうが、私は慣れる前にバレエシューズをやめて他の靴を探すことにしました。
 

今まで履いていた靴は大体ヒール靴で、妊娠中に履く靴としては向いていないものばかりだったので、自分で履きやすい靴はどれかといろいろと試してみたのです。


妊婦が履くおすすめの靴の選び方は?

それでは、私がおすすめの靴と選んだ基準を書いていきましょう。
 

おすすめその① スニーカー、スリッポン

スニーカー
 

履きやすさやバランスの取りやすさを考えるとやっぱりスニーカーが一番いいのは言うまでもないですね。

靴底によっては衝撃を吸収して足への負担を減らしてくれる素材が使われていて、とても楽に歩けます。

カラーバリエーションもたくさんありますし、インヒールタイプの靴もあるので色々選べて楽しそうです。
 

底がしっかりしたスニーカーやスリッポンを選べば、妊娠中は軽いお散歩をする場合もあるし、産後にお子さんとのお散歩にも使えますよね。

妊娠初期はお腹も目立たずどんな靴でも難なく履けますが、中期~後期にかけてはお腹が大きくなるので面倒なヒモ靴などは控えて簡単に脱ぎ履きできる靴がお勧めです。
 

おすすめその② フラットシューズ

 

フラットシューズは少しだけかかとのあるぺたんこ寄りの靴の事を言います。

同じカテゴリに入っているバレエシューズとは少し違うのですね。
 

私はフラットシューズは試しませんでしたが、もともとローヒールを履いていた人には向いているようです。

つま先も丸いものが多く、先が詰まりにくいので痛くなることも少なく思います。
 

フラットシューズのかかとは平らなヒール(というかソール)がついているので、歩きやすいしバランスも取りやすくて妊婦さんにはもってこいのオシャレ靴になります。

こちらもカラーバリエーション豊富だしデザインもシックなものからキュートなものまで多くそろえられているので、TPOごとに履き分けられて働いている妊婦さんにも使いやすい靴になると思います。
 

おすすめその③ ナースシューズ

 

ここでまさかのナースシューズです。

ナースシューズは立ったままで長い時間仕事をする看護師さんの足腰の負担を軽減するためのに作られた靴なのです!

OLの人も仕事中に履いている人をよく見かけるように、楽ちんなのです。
 

新陳代謝のあがる妊娠中は長時間履いても疲れない靴を選びたいし、仕事内容的に安全をしっかりと考慮しているナースシューズなので安定性もバツグンです。
 

他にも気を付けたいことは靴底のすべり止めがしっかりついているものや、かかとがある靴などありますね。

足もむくみやすいので、伸縮性のある素材でできた靴を選ぶのもいいです。
 

見た目も大切ですが、機能を重視して足に合うものを色々と試してみることで自分に合った靴がしっかり選べると思います。

妊娠中に履くヒール靴は高さが何cmまでなら大丈夫?

妊娠中に履いてもよさそうなヒールの高さは「3cmくらいがベスト」という声が多く感じます。

歩きやすさと安定性を考えると、これ以上高いヒールのものは接地面が多いウェッジソールタイプのヒールでも転倒の危険が増えるのでやめた方が安心です。
 

だいぶ前に「厚底ブーツ」が流行っていた時には、あんなに接地面の多い靴底だったにもかかわらず転倒してしまう事故が多発していたことを覚えています。

普段の靴でも靴底が高ければその分、バランスが取りづらくなります。
 

何度も言いますが、妊娠中はお腹も大きくなります。

体の外側も内側も変化するので、妊娠前よりも足腰に負担がかかって不安定になります。
 

少しでも転倒などの危険をなくして、母子ともに安全に妊娠期間を過ごしていきたいですよね?

「自分は大丈夫」と思っていても家族や周囲の人に心配を掛けてしまうこともあるので、その気持ちも汲めるように誰が見ても安心安全な靴が選べたらいいですね。


まとめ

妊娠中の靴選びは履きやすさを総合的に見て選ぶことが重要です。

あまりに高いヒールは危険であることは一目瞭然ですよね?
 

ヒール靴を履くときにはローヒールで接地面の多いウェッジタイプを選んでほしいです。

3cm以上のヒール靴も選ばないようにしたいですが、かかとのない靴やミュールタイプの靴はもしもの時に走れなかったり、足から抜けてしまうことも考えられますので、あまり選ばない方がいいと思います。
 

健康的に妊娠期間を過ごすためには多少の運動としてお散歩を指導される時もあります。

歩きにくい靴でのお散歩は体に負担をかけてしまいがちなので、面倒に思えるかもしれませんが、必ず試しに履いて歩き心地を確かめてから上手に良い靴との出会いができるといいですね。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク