子育て中の親の悩み

顔のシワが目立つ人必見!シワを消す方法やおすすめのエクササイズ!

顔のシワ

年齢を重ねるにつれ、抱える悩みの一つに多いのが「顔のシワ」ではないでしょうか。

シワは実年齢よりも上に見られたり、老けて見られてしまいがち。

笑いジワがあって幸せそうなんていわれたりもしますが、実際にはシワを気にしてる人が多いようです。
 

今回は、そんなシワで悩んでいるという人のために、厄介なシワをなくす方法やマッサージ、そして家でも簡単にできるエクササイズをご紹介します。
 

シワで悩んでいるあなた、もう治らないと諦めかけているあなたにぜひおすすめしたいシワ消しアイテムもまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

目立つ顔のシワを消す方法!

しわ
 
そもそもシワができる原因って何が原因か知っていますか?

肌の張りがなくなることで、シワはできます。
 

この肌の張りを支えているのは

コラーゲン」なのです。
 

コラーゲンには、皮膚の弾力を保つ効果があり、コラーゲンの再生が衰えてしまうことが深刻なシワの原因になっていたのです。

シワと一口に言っても様々種類があることがわかりました。

どんな種類があるのか見ていきましょう。
 

真皮シワ

肌の表皮の下には「真皮層」といわれる部分が存在します。

この真皮層で、コラーゲンの減少や弾力が失われることで深い溝ができシワとなります。
 

表皮シワ

真皮には達しないものの、皮膚の表面が水分不足になり細かいシワを作っている状態のことです。
 

表情シワ

いつも同じ表情をとっていると皮膚に癖がつき、それがシワとなってしまうものです。。

よく笑う人は、ほうれい線ができたり、よくしかめっ面をしがちという人は眉間にシワができる原因になります。

視力が弱い人も、眉間のシワができやすい傾向にあることがわかりました。
 

加齢シワ

加齢が原因でできてしまうシワのことです。

これは、加齢で肌の土台が崩れてしまうことでできるシワなので完全に治すことは難しいとされています。


顔のシワを目立たなくするエクササイズやマッサージ

ほうれい線
 
顔のシワといっても、顔の部分によってマッサージやエクササイズは違ってきます。

今回は、それぞれの部分ごとの対策をご紹介しますね。
 

ほうれい線

ほうれい線は老け顔に見られがちな原因の一つですよね。

ほうれい線をなくすためには、表情筋を使ったエクササイズがおすすめです。
 

ひょっとこ口

これは口を左右に動かすエクササイズです。

  • 口を「ラ」の形にして、唇を前に突き出す
  • 唇を顔の右側におもいっきり移動させる

イメージとしては、ほうれい線を伸ばすような感じです。
 

頬を膨らませる

頬を膨らませるエクササイズです。
 

  • 片方の頬に思いっきり空気をいれ膨らませる
  • このまま10秒間キープして、もう片方も同様に行う

ほうれい線が伸びていることを感じながらやることで効果があります。
 

眉間のシワ

眉間にシワを寄せる表情をしていると、できやすいのがこの眉間のシワ。

眉間のシワにきくエクササイズをご紹介します。
 

  • 目を細め、眉を5秒間程度ひそめる
  • 眉だけを上に5秒程度引き上げる
  • ゆっくりと元の表情に戻す

 

これで、エクササイズは完了です。

このエクササイズは主に「縦じわ」に効果があります。

ぜひ、試してみてくださいね。

シワ対策に効果的なおすすめアイテム!

保湿クリーム
 
シワは肌の乾燥も原因の一つなので、しっかりと保湿するためにもクリームを使うことが必須になってきます。

そこで、おすすめのクリームを少し紹介します。
 

エレクシール 美容濃密リンクルクリーム

これは、主に目元のシワが気になるという人におすすめのアイテムです。

値段は15gで5,800円と割高ではありますが、ぜひ店頭にいって塗り心地を試してみてくださいね。
 

SK=Ⅱ パワーアイクリームラディカルニューエイジ

人気のSK=Ⅱ商品です。

商品名の通り目元に効果があるクリームです。

シワだけでなくたるみにも効果があるので、一度試してみてはいかがでしょうか。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

顔のシワをなくす方法やマッサージ、エクササイズをまとめてみました。

シワの原因はコラーゲンの減少や肌の乾燥からできるものです。
 

シワの種類にも様々あり

  • 真皮シワ
  • 表皮シワ
  • 表情シワ
  • 加齢シワ

があることがわかりましたね。

シワは、実年齢よりも老けて見られてしまう原因になったり肌が衰えてみえたりしてしまいます。
 

加齢シワは年齢を重ねるにつれできるものなので、しょうがないとしても早めに対策をすれば治るシワだってあるのです。

肌の張りを保つためにも、コラーゲンを食事からとったり、乾燥を防ぐためにも常にクリームを塗ることで改善する場合があります。
 

自分に合ったアイテムをみつけて、シワができにくい肌を作り上げていってくださいね。

この記事があなたの役に立つことを祈っています。



スポンサーリンク

子育て中の親の悩み
子育て中の親の悩み

子育て中の親の悩みカテゴリーでは、子育て中の親に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

親の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらからどうぞ。

子育て中の親の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク