妊娠中の悩み

子宮頚管の長さの平均は?短いと切迫早産で入院?

子宮

妊婦健診の時「子宮頚管」について指摘を受けたことがありますか?

私は8か月の時に「子宮頚管が短くなっている」と言われました。

今まで特にお腹のハリもなく、気楽に健診を受けたので、初めは「?」でした。
 

しかし!よくよくお医者さんからのお話を聞くと、子宮頚管の長さは出産するまでに非常に大切であることが判明したのです!
 

それから私なりに調べましたところ、実は子宮頚管の長さが原因でのトラブルは、軽症の人から緊急入院をしなければならない重症な人まで本当に個人差があるのです。
 

今回は、私自身の経験も交えながら話していきたいと思います。

スポンサーリンク

子宮頚管の長さの平均は?

子宮
 
子宮頚管の長さは一般的に3.5~4センチほどとされています。

もちろん、もともと短い人や長い人もいて、人によって差はあります。

通常、なにも問題なく妊娠から出産するまでの子宮頚管の長さの目安はというと…

  • 娠8か月→3.5~4センチ
  • 妊娠9か月→3センチ台~
  • 妊娠10か月→2~1センチ

と、赤ちゃんが大きくなり、出産が近くなればなるほど子宮が降りてきて同時に子宮頚管も徐々に短くなってくるのですね。


子宮頚管の長さが短いと切迫早産で入院になる?

病室
 
先ほどの一般的な目安に沿って考えてみると、それよりも短くなっていると切迫早産のリスクが高いと判断されます。

切迫早産のリスクを避けるためのお医者さんの指示はこの2つ!

  • 自宅安静
  • 入院

この2つのどちらかになります。
 

とにかく出産期に入るまでになるべく赤ちゃんをお腹の中にとどめておきたいのです!
 

産院と医者の判断にもよりますが、だいたい子宮頚管が35週までに2センチを切っていたら即入院になることが多いかもしれません。

ここからは私が体験したことですが、8か月(29週)の頃に子宮頚管が2.7センチになっていて「入院か自宅安静してください」と言われました。

上の子の世話もあるし、費用も抑えたいので自宅安静を選択しました。

そして30週に入っても長さは変わらず。

むしろ子宮口も柔らかくなってきているとのこと。

や、やばい!!

お医者さんにも「あと1週間は自宅安静で、このまま子宮頚管が短くなると入院を薦めます」と言われました。
 

私の場合、上の子の世話をしなければならなかったのですが、父子家庭であまり頼ることが難しいということもありました。

また、旦那の仕事が1年で一番忙しい時期にこのトラブルが発生したので協力してもらえる時間が限られていたのです…涙
 

なので、我が家では、この1週間の自宅安静で子宮頚管の長さが短くなったら入院しようという結論に達しました。

そのための対策は次をどうぞお読みください!
 

子宮頚管の長さが元に戻ることはある?

横になる妊婦
 
そもそも子宮頚管はゴムのようなもので、伸びたり縮んだりするそうです。

 
しかし、妊娠中は子宮の中に赤ちゃんという非常に重たいものがいますので立っているだけで重力によって頚管がドンドン短くなるのですね。

 
なので、一番の対策は「横になること!」

これに限る!!!

もちろんお医者さんからハリ止めの薬も頂いてちゃんと服用するのも大切です。

でも、何よりの薬はとにかく横になっておいて体を休めるのが一番だということです。
 

では「安静」って実際どうすればいいの?

と思った方に私の体験をご紹介します!
 

  • 起き上がるのはトイレと食事のみ
  • お風呂もシャワーにしておく(もう2日や3日に1回でもアリ)
  • とにかく横になっておく

 

仕事をしている方!

休んでください!診断書ももらえます。

デスクワークならOKじゃないかとも思われがちですが、座っていても重力で頚管が短くなるかもしれません。

なのでおススメはできないですね。

上の子の世話をしている方!
 

旦那はもちろん、じいじ、ばあばに協力してもらってください。
 

親に頼ることが難しい場合は、一時保育やベビーシッターなど民間の協力を得るのも良いでしょう。

私は、一時保育は申請や手続きが大変で断念し、ベビーシッターを週2~3回お願いしました。

費用は掛かりますが、入院費と比べると断然こちらの方がマシです。
 

土日は旦那。

残り3日は、私の方のじいじと旦那の方のばあばとじいじが交代でお世話をしてもらいに来ました。

ご飯は1食ドカンと作って昼・夜同じメニュー。笑

(昼:鍋 夜:それで雑炊とか)

調理中もなるべく立たないように椅子を用意して座りながら作りました。

ここまでするのですよー!
 

そのように対策をしたら、その次の週の検診ではなんとかキープ!

またまた、自宅安静とのことでした。

そのような生活を3週間ほど続け、35週になったころに動いてもいいと言われました。

それが今です(*^^*)
 

まだ出産には至っていないのですが、とりあえず子宮頚管の長さは9か月の平均値にはなっているので、トラブル克服?にはなったと思います。
 

また、私はずっと頚管の長さはキープのままでしたが、35週の検診時にお医者さんに聞いてみたら「安静によって頚管が伸びることもある」そうですよ。


まとめ

今回の子宮頚管の長さについてですが、

  • 週数にもよるが、生産期前に子宮頚管の長さは2センチを切ると入院の可能性大
  • 子宮頚管は自宅でも長さを維持したり、伸びたりすることはできる。
  • 長さの維持、もしくは伸ばすには安静に横になっていることが一番!

ということでした。
 

この経験をしたことで、私自身も不安もあったし、上の子の場合はこんなことなかったので改めて妊娠は同じではないんだなと感じました。

やっぱり、お腹の子を守るのは妊婦である私しかいないですからね。

後は無事に産まれてくることを残り数週間祈りながらマタニティ生活を送りたいと思います。
 

この記事が、同じ悩みで不安に感じている方にとって少しでも役に立ててもらえれば幸いです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク