授乳中の悩み

授乳中に風邪を引いたら薬は飲んじゃダメ?治し方は?

授乳

産後、風邪を引きやすくなったなんて方も多いのではないでしょうか。

育児中は睡眠不足や疲れで体調を崩しやすく、ゆっくり休む暇が無いので治りにくいですよね。

筆者も子育て中なのですが、妊娠前まで風邪なんて一晩寝たら治っていたのに産後はなかなか治らない!
 

そこで今回は授乳中風邪を引いたときの治し方や、授乳中でも服用できる市販薬などをご紹介します。

スポンサーリンク

授乳中風邪を引いたら薬は飲まない方がいい?

薬
 
母乳をあげているから薬は飲めない」と自力で治そうと思っているお母さんも多いのではないでしょうか。
 

確かに、母乳はお母さんの血液をもとに作られるので、お母さんが薬を服用すると、わずかながら母乳に薬の成分が移行してしまいます。

赤ちゃんは薬を処理する能力が弱いうえ、血液中のタンパク質が少ないので、薬の作用が強く出る傾向があります。
 

授乳中の服用はやめたほうが良い薬もありますが、授乳中でも飲める薬はたくさんあります

病院で薬を処方してもらう際は必ず授乳中ということを医師に告げましょう。
 

また、市販薬を購入する際も必ず薬剤師に授乳中であることを伝えてください

医者や薬剤師から処方された薬は赤ちゃんにも安全なものなので、やっぱり不安だからといって自己判断で飲むのをやめてしまうと風邪が治りにくく、症状が悪化してしまう場合があるので処方された分はきちんと飲んで早く治すことが大切です。
 


授乳中に風邪を薬なしで治す方法

風邪
 
風邪を治すにはやはりゆっくり休むことが1番ですが、そうもいかないのがお母さんですよね。

家族に頼れる方はお子さんを預けて休ませてもらいましょう。
 

また、風邪の引き始めで症状が軽く、薬を飲むほどでは無い場合は、風邪の症状によってそれぞれ対処法を実践してみはいかがでしょうか。
 

ここでは風邪タイプを「」「」「湿」「」の4つに分けそれぞれの対処法をご紹介します。
 

寒(悪寒、頭痛など)

風邪の初期症状にみられる悪寒や頭痛肩こり関節の痛み透明な鼻水などの症状が特徴的です。

体を温めて「寒」を取り除くことが肝心になります。
 

対処法としては温かい飲み物を飲んだり足湯に入ったり、とにかく体を温めること

体を温める効果のある大根や白菜、ネギを煮込んだスープ「三白湯(さんはくとう)」を飲むのがおすすめです。
 

さらに発汗を促す生姜や三つ葉を入れるとより効果が期待できます。
 

熱(発熱、喉の痛みなど)

風邪の引き始めから熱が出て、喉の腫れや痛み粘りのある鼻水などの症状が特徴です。
 

こちらのタイプは熱を上げないようにする事が大切です。

入浴などでの発汗を控えて水分補給をし、喉を潤しましょう。
 

そしてトマトやきゅうりは熱を下げる効果があり、利尿作用もあるのでおすすめです。

野菜が苦手な方はアイスクリームでも良いでしょう。
 

湿(吐き気、下痢など)

胃のむかつき吐き気下痢食欲不振など消化器系の症状が特徴です。
 

なるべく生ものや油っこい食事は避け、おかゆなど消化に良いものを食べましょう。

また、おなかを温めて胃の痛みを和らげてくれる山椒の実や、解毒作用のあるにんにくやシソ、生姜などをうまく取り入れると良いでしょう。
 

燥(咳、痰など)

咳が強く痰が絡み、呼吸器系が弱い人に多くみられ、風邪の治りかけた時期に起こりやすい症状でもあります。

こまめな水分補給とマスクや加湿器などで湿気を補うようにしましょう。
 

はちみつには抗菌作用のある酵素や咳止めに効くポリフエノールが含まれているので、そのまま舐めても良いし、喉の炎症を抑える大根とはちみつ大根にして食べるとより効果的です。

どうしてもつらいときに!飲んでも大丈夫な市販薬は?

薬
 
市販薬で治したい方は薬剤師さんに相談のうえ、カフェインが含まれておらず、使用上の注意に「授乳中の使用」についての注意書きが無い薬を選びましょう。

どうしてもつらい時に授乳中でも飲める市販薬をご紹介します。
 

葛根湯

授乳中でも安心して飲める有名な漢方薬です。

風邪のひきはじめの症状や肩こり、筋肉痛、乳腺炎の症状に効果があり、昔から多くのお母さんに使用されています。
 

パブロン50(大正製薬)

傷んだ喉の粘膜を修復、喉の痛みを和らげ熱を下げる効果のある風邪薬です。

授乳中に関する記載がなくカフェインが含まれていません。
 

ストナリニS(サトウ製薬)

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効きます。

こちらも授乳中に関する記載がなくカフェインが含まれていません。


まとめ

以上、授乳中の風邪薬と治し方についてご紹介しました。
 

筆者は葛根湯に大変お世話になっております。

もうとにかく少しでも体調の変化を感じ取ったら葛根湯を飲んでいます。

産後1年を過ぎましたが、その効果もあってかそれほど酷い風邪にはかかっていません。
 

お母さんが風邪で辛そうだと赤ちゃんも心配してしまいますよね。

風邪が酷くならないうちに病院に行き、医師に相談し授乳中でも安心して飲める薬をきちんと飲んでしっかり治すことが大事ですね。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

→授乳中の悩みについて他の記事も見る



スポンサーリンク

授乳中の悩み
授乳中の悩み

授乳中の悩みカテゴリーでは、授乳についての悩みを解決する記事を掲載しています。

授乳について他の記事も読みたい方はこちらからどうぞ。

授乳中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク