MENU
離乳食

離乳食の豆腐をレンジで簡単に!冷凍もOK?おすすめレシピ紹介

離乳食

離乳食と言えば豆腐は定番の食材ですが、下ごしらえも簡単で調理時間も短くて済むので忙しいママ達の強い味方です。

アレンジもしやすいのでバリエーションが豊富ですよ。

おいしい離乳食を簡単に作ることができるので、日々の離乳食に取り入れてみましょう。
 

今回はレンジで簡単にできる、豆腐を使った離乳食の作り方をご紹介します。
 

スポンサーリンク

離乳食の豆腐はレンジで簡単に!

電子レンジ
 
離乳食を始めたばかりであれば、豆腐は必ず熱を通して殺菌をすることです。

赤ちゃんは胃腸がまだ未熟ですからね。

大人のようにそのまま食べさせることのないように注意してください。
 

そんな時に、便利なのがレンジです。

同じ量の豆腐と水を耐熱容器に入れて、30秒~1分レンジで加熱するだけでOK。

たったこれだけで豆腐も温められ火を使わないので後片付けも楽です。
 

豆腐はシンプルな食材ですが、離乳食を始めた赤ちゃんにとって必要な栄養素がたくさん含まれています。
 

豆腐には

  • たんぱく質
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • カリウム

などといった栄養が摂れるんですよ。

優れモノですね。(離乳食には舌触りの良い絹ごしを使いましょう。)
 


離乳食の豆腐は冷凍もOK?

冷凍
 
豆腐を離乳食で使うのはほんのわずかな量です。

それじゃあ残った豆腐は明日また使うことにしようかなと、冷蔵保存しているママも多いはずです。

しかし、豆腐は一度空気に触れてしまうとしっかり保存していても痛みやすい食材のため、離乳食で使いうときは使いきりで、一度開封したものは使用しないようにしてください。
 

じゃぁ冷凍保存してしまえばいいかしら?

残念ながら豆腐の場合は冷凍してしまったら基本的に使うことはできません
 

豆腐はほとんどが水分のため、冷凍してしまうと氷の粒になってしまうんです。

その豆腐を解凍してしまうと中の水分が出てしまうため固くなり、離乳食の食材としては使えなくなります。
 

離乳食で豆腐を使う際は使い切りで、残りは大人のおかずに利用しましょうね。

簡単で美味しい!豆腐の離乳食おすすめレシピ!

豆腐料理
 
豆腐はアレンジも簡単ですし、離乳食の間もずっと食べさせることができる使いやすい食材です。

おかずにも汁物にも、そしてデザートにもなる豆腐。
 

それではレンジでチンして簡単にできる、豆腐レシピをご紹介します。
 

【豆腐あんかけハンバーグ】

まだハンバーグを食べれない月齢であれば、一度湯通ししたひき肉をそのまま豆腐と一緒に出し汁で煮込むと食べやすくなります。(最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて)

材料

  • 鶏ひき肉・・・80g
  • 絹ごし豆腐・・・80g
  • 片栗粉・・・少々
  • 人参・・・少々

あんかけ用

  • 和風だし汁・・・100cc
  • しょうゆ・・・少々
  • 水溶き片栗粉・・・小さじ1/2

作り方

  1. 鶏ひき肉、豆腐、みじん切り(またはすりおろし)にした人参と片栗粉をボールでこねて平べったく丸めたら、耐熱皿に並べてふんわりラップをかけてレンジで1~2分加熱。(加熱時間はレンジにより異なります。)

    ※肉が火が通るようにしっかりと温めてください。

  2. あんかけ用の材料を耐熱皿に入れ、レンジで30秒加熱してよくかき混ぜる。
  3. ハンバーグにあんをかければできあがりです。

 

【豆腐と白身魚のトロトロ煮】

淡白な白身魚も豆腐と相性ばっちりです。

材料

  • 白身の魚(タラなど)・・・50g
  • 絹ごし豆腐・・・50g
  • 水溶き片栗粉・・・適量
  • 和風だし汁・・・少々

作り方

  1. 耐熱容器に白身と水を入れてレンジで1~2分チンするして、お湯を切ったら皮を取り除いて身をほぐしておく。(加熱時間はレンジによります。)

    ※魚に火が通るようにしっかりと温めてください。

  2. 豆腐は月齢によって崩したり四角くコロコロした大きさにする。
  3. 耐熱容器にだし汁魚と豆腐を入れてレンジで1~2分チンをして加熱する。
  4. 十分に加熱できたことを確認したら、熱いうちに水溶き片栗粉で軽くとろみをつけて出来上がり。

おかずとして使う場合は色々と野菜を変えたり、魚の種類も変えると子供も飽きずに食べることができますね。
 

それでは次に、豆腐のデザートをご紹介します。

豆腐でもおいしいデザートが簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。
 

【豆腐のフルーツソースがけ】

豆腐はレンジでチンをして冷蔵庫で冷やしておきます

そこにソースをかけるだけの簡単レシピです。

材料

  • 絹ごし豆腐・・・30g~40g
  • イチゴやピーチなどの果物・・・適量

作り方

  1. 豆腐はレンジでチンして軽く崩して冷蔵庫で冷やしておく。(水気をきること)
  2. 果物は大きいものは小さくカットしてレンジで30秒~1分加熱して、柔らかくなったらスプーンなどでつぶし、冷やす。
  3. 冷やした豆腐に果物のソースをかけて出来上がり。

 

【豆腐とバナナのパンケーキ】

ホットケーキミックスを使って簡単にデザートを作っちゃいましょう。

こちらは本来はレンジではなくトースターを使いますが、レンジの場合はふんわりパンケーキが出来上がります。

材料

  • ホットケーキミックス・・・50g
  • 絹ごし豆腐・・・50g
  • バナナ・・・1/4本

作り方

  1. 豆腐とバナナはフォークまたは手でつぶす。
  2. つぶした豆腐とバナナの中にホットケーキミックスを入れてよく混ぜる。(レンジを使う場合は少し水を足すとふんわりなります。)
  3. 好きな大きさに丸めて、オーブントースターで約5分焼いたら出来上がり。(表面だけ焼けないようにひっくり返してまんべんなく火を通してください。)

    ※レンジの場合は様子を見ながら、1~2分チンしてください。


まとめ

栄養価の高い豆腐は、離乳食を作る上で不可欠です。

レンジでチンすれば、火を使わずに簡単に熱を通すことができます

そこから色々な離乳食に使えるので覚えておくといいですね。
 

ただ、豆腐は冷凍できないのが残念なところ。

使い切りが必須ですので注意してください。
 

豆腐はたくさんのアレンジが可能ですのでデザートにも使ってみましょう。
 

我が家では、離乳食で使った後の残りの豆腐は、大体がお味噌汁や冷ややっこといった料理に回していました。

最近では小さいパックの豆腐が売られているので便利ですよね。

大きいパックで少量の離乳食を作るのはカットしたりするのに手間がかかりますが、小さいサイズの豆腐パックは使いやすいと思いますよ。
 

ぜひ小さめパックを利用して離乳食を作る手間を省きましょう!

そして「レンチン!」も忘れずに。
 

→離乳食について他の記事も見る



スポンサーリンク

離乳食
離乳食

離乳食カテゴリーでは、赤ちゃんにあげていい食べ物・ダメな食べ物についての悩みを解決する記事を掲載しています。

離乳食について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

離乳食カテゴリーへ



スポンサーリンク