子育て中の悩み

赤ちゃんへのエアコンの使い方!赤ちゃんが快適な部屋の温度・湿度

エアコン

暑い夏、熱中症が心配なので、ずっとエアコンをかけて過ごすことが多くなってしまいます。

私の家でも、特に今年の猛暑はひどかったので、朝から夜まで、エアコンは一日中フル稼働でした。
 

でも、赤ちゃんがいる場合は、赤ちゃんの体調が気になりますよね!

赤ちゃんはエアコンをかけた部屋で快適なのか?寒くないか?気になりませんか?
 

私も、子供たちが赤ちゃんのときはこんなにエアコンを使っていいのか、とても心配しました。

お昼寝のときに布団を蹴っていたらまだ暑いのかな?夜寝るときなら風邪引かないかな?などなど気になりますよね!
 

そこで、赤ちゃんの一番過ごしやすい室温を知ることによって、安心して赤ちゃんと夏、そしてこれからやってくる冬を乗り越えましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんがいる部屋のエアコンの温度・湿度は?

赤ちゃんの快適な室温は26~28度と言われています。

エアコンの設定温度はそれを基準に設定しましょう。
 

ただし、エアコンの温度を設定しても、赤ちゃんの寝ている場所は必ずしもその温度にはなっていません。
 

冷たい空気は下に溜まりやすいので、赤ちゃんが寝ている場所は温度が低すぎる可能性があります。
 

なので、必ず赤ちゃんが寝ている場所に温度計を設置して、温度を確認するようにしましょう!

あまりに温度が低すぎると、赤ちゃんが風邪をひいてしまう恐れがあります。
 

エアコンでは室温と同時に湿度にも注意しましょう!

室温が快適温度でも、湿度が高すぎると熱中症になる恐れがあります。

特に梅雨の時期は注意が必要です。
 

またエアコンをずっとかけて室温が低くなると、乾燥しすぎることもあります。

そうなると、今度は風邪をひきやすくなってしまいます。

赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は40~60%です。
 

湿度計も必ず確認して、湿度が高くなりすぎず、低くもなりすぎないように注意して下さいね!

冬は加湿器または加湿機能付き空気清浄機を使うことをオススメします。


夏の熱い夜はエアコンはつけっぱなし?

夏の暑い夜、特に赤ちゃんがいる場合はエアコンをつけっぱなしにしてよいのか悩みますよね!

エアコンは体に悪いとも聞くし、だからと言ってエアコンを消したら熱中症の心配もあるし。
 

私も子供達が赤ちゃんのときには悩みました。
 

しかし、エアコンを消したときに熱中症になる方が怖かったので、一晩中つけっぱなしにしていました。
 

この頃の夏の暑さは異常なので、エアコンはつけっぱなしにして大丈夫です。

ただ、赤ちゃんに直接風がかからないように風向きを調整しましょう。
 

また、夜にはエアコンをつけっぱなしにしていると空気は意外と汚れています。

汚れた空気は赤ちゃんには、あまりよくありません。

朝には一度窓を開けるなどの換気を行って、空気を入れ替えるようにしましょう!

エアコンを使いすぎると汗腺が発達しなくなるのは本当?

エアコンをずっとつけていると汗腺が発達しなくなるという話があります。

私もその話を聞いたことがあったので、エアコンをつけっぱなしにすることには、少し抵抗がありました。
 

確かにエアコンがきいた部屋で毎日ずっと過ごして汗をかかないと、汗腺が発達しにくくなる可能性はあります。
 

ただ、だからといって、平均気温が35度を超える日もある最近の日本の夏を、エアコンなしで過ごすことは熱中症の危険があり命に関わります。

絶対にやめて下さい!
 

私も自分がエアコンをつけずに部屋にいて、頭痛や目眩などの熱中症初期の状態になったことがあります。
 

赤ちゃんの場合は熱中症の初期症状になっていても、自分でアピールすることができません。

気がついたときには重体になっている恐れもあります。

くれぐれも注意して下さい。
 

汗腺の発達には1日2時間くらい汗をかくのがいいみたいてす。

早朝か夕方の少し涼しい時期に、赤ちゃんの様子を見ながら無理がない程度にお散歩をして、汗をかかせるようにしてあげましょう!
 

そして、汗をかいたあとは、そのまま放置していたら風邪をひいてしまう可能性があります。

家に帰ったら、すぐに汗をふいてあげるかシャワーを浴びさせて、すっきりさせてあげて下さい。


まとめ

今年のの猛暑はあまりにもひどいかったので、テレビなどでも熱中症で死亡した人のニュースをよく見ました。
 

熱中症は本当に怖いですね!

特に赤ちゃんがいる家庭では、とても心配だったと思います。
 

そして、これからは寒い冬がやってきます。

今度はインフルエンザや風邪などの病気が心配です。
 

赤ちゃんの快適な温度になるように夏も冬もエアコンを使って、熱中症や風邪対策をすることが重要です。
 

私も、夏も冬もエアコンを使って、赤ちゃんの熱中症対策と風邪対策をしていました。

エアコンを使うことにあまり抵抗感を持たずに、赤ちゃんの健康管理のためには快適に使用し、赤ちゃんを守るようにしましょう!



スポンサーリンク

子育て中の悩み
子育て中の悩み

子育て中の悩みカテゴリーでは、子育て中に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

子育てについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子育て中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク