妊娠中の悩み

妊娠中に足がつるのはなぜ?対処法や予防方法は?

足が痛い

妊娠中に足がつるようになったという話を聞いたことがないでしょうか。

私はお腹が大きくなった頃から足がつるようになり、妊娠していることと関係がある症状だとは思ってもみませんでした。
 

妊娠中に足がつるのはなぜなのか、原因と対処法、そして予防できるのか?というところまでをまとめてみました。
 

スポンサーリンク

妊娠中に足がつる!原因は何?

Q&A
妊娠中でお腹が大きくなった頃、やたらと足がつるようになった方がいらっしゃるのではないかと思います。
 

私自身、妊娠中によく足がつるようになりました。

しかも発生頻度は夜中が多く、せっかく気持ちよく寝ていたのに一気に冷や汗が出てきます。
 

不思議に思って周りにそんなことを話していると、何か病気にかかったのではないかと心配されました。
 

足がつるとは「こむら返り」という表現もされています。

妊娠中の病気なのか心配になり、調べてみました。
 

妊娠中に足がつるのは、どうやら私だけではなかったようで下記のような原因が考えらえるそうです。
 

妊娠中に必要な栄養不足

胎児の栄養も必要で、一般の人よりもより多く栄養が必要です。

ミネラルやビタミンが不足すると足がつる原因になります。
 

お腹が大きくなり、骨盤がゆるむ

お腹が大きくなると、下腹部が前に突き出るため背骨が反ってしまいます。

体を支えるために足への負担が増えてきます。
 

足に疲労がたまるので、足がつりやすくなります。
 

血流が悪くなる

お腹が大きくなると、下半身の血流が悪くなります。

血流が悪くなると、冷えやすくなり筋肉が収縮してしまいます。

筋肉の働きに必要なミネラルも行きわたりにくくなるため、ミネラル不足による足のむくみやつる原因になります。
 

ホルモンバランスの崩れ

妊娠すると胎児の成長を促すためにホルモンのバランスが崩れます。
 

特に、妊娠後期は骨盤を柔軟にするため、ホルモンが多量に分泌され血液バランスも崩れやすくなります。

そのため、妊娠中は足がつりやすくなるそうです。
 

以上のように、妊娠中は足がつりやすくなる条件が揃っているのですね。
 

私も妊娠中に足がよくつるようになってしまったので、父親に何気なくそんな話をしました。

私の母親が妊娠中はそんなことがなかったようで、病気の心配をしていました。
 

とある日、父は市販品の“こむら返り”が起きにくくなるとされるお薬があると知ると、私にそれをすすめてきたのですが、購入前にネットで調べました。
 

使用上の注意にはしっかり、「妊娠中は医師に相談のこと」という記載があります。

妊娠中で足がつることに悩んでいる方は、くれぐれもうかつに市販品を飲まないようにしましょう。
 


妊娠中に足がつった!どう対処する?

ストレッチ
足がつった時、痛くて動くこともできずうずくまっちゃいますよね。

ところが妊娠中でお腹が大きい時です。

どうしてよいものかわからず、ただただ冷や汗をかいていた私でした。
 

そこで、どんな対処があるのかを調べてみました。

ストレッチをすると良いとされていて、こんな方法がありました。
 

けいれんしている場合は終わってからでよいので、足を伸ばします。

自力で伸ばすのが難しい場合は、自分で足の親指を持ちます。
 

自分の方に引き寄せて、徐々に足を伸ばしてあげるイメージです。
 

収縮した筋肉を伸ばすことで、効果があります。
 

しかし、お腹が大きくて難しい場合がありますよね。

そんなときは、壁につっている足の裏をつけて、向こう側に押すように足を伸ばします。
 

もしくは、足にタオルをひっかけて自分側に引き寄せ、伸ばす方法もあります。
 

ちなみに私の場合、だいぶお腹が目立つタイプだったので自分では難しかったです。

それより痛すぎて自分で伸ばす勇気もなく、夜中旦那を叩き起こし、足を伸ばしてもらっていました。

ご家族が助けてくれるなら、呼んで足を伸ばすようにお願いしても良いと思います。
 

また、つってしまった時の対応としてはとっさのことで難しいのですが、「足湯」で温めるのも効果的だとのことです。
 

洗面器で良いそうなので、夜中でなければ簡単にできそうですね。
 

妊娠中に足がつらないための予防法は?

牛乳
足がつると冷や汗がでるほど痛くて辛いので、できれば予防したいですよね。
 

さて予防法ですが、原因となっていることをクリアしていくということになります。

いくつか方法をご紹介していきます。
 

カルシウムやミネラル不足を補う

栄養不足にならないように、バランスの良い食事を心がけることを基本としてほしいのですが、特にカルシウムやミネラル不足が起きます。

カルシウムは乳製品に多く含まれていますが、牛乳を飲むようにすると気軽に摂取できるでしょう。
 

ちなみに、私が妊娠中に見つけた牛乳は、葉酸入りのものがありました。

胎児の発育に必要とされている葉酸もとれるのでおすすめです。

ミネラルは、小魚や海藻に多く含まれているのですが、海藻であればわかめが食べやすいと思います。
 

わかめサラダでもお味噌汁に入れても良いですよね。
 

あれもこれも食べなきゃいけないと結構大変なのですが、可能な限り意識的にバランスが良い食事を心がけてみましょう。
 

適度な運動をする

妊娠中でお腹が大きくなると運動はとても難しくなりますが、血流が悪いことが原因で足がつります。

血流をよくするために、多少は運動が必要です。
 

無理をしない程度にウォーキングをしたり、ストレッチをすると良いでしょう。
 

私が臨月の頃は、片道たった10分のコンビニへ行くのもしんどかったです。

行っても帰ってくる気力がない程だったので、ゴロゴロしながら足を上げてストレッチしていました。
 

遠くへ行くと帰ってくるのが困難なので、ご近所だけを散歩していました。
 

お腹が大きいと無理は出来ませんので、何かあってもすぐ帰ってこれる近場でお散歩がおすすめです。
 

体を冷やさない

冷えが血流を悪くして足がつる原因となってしまいますので、体を温めるようにしましょう。
 

妊娠中だとお腹が大きくなっている方のために、色々な種類の腹巻が販売されています。
 

私は妊娠でかなり太ってしまい暑くてたまりませんでしたので必要性を感じませんでしたが、血流悪化は冷えが原因なので腹巻で温めるのも良いかと思います。
 

骨盤の矯正

お腹が大きくなると骨盤が広がってきますが、これが足への負担になっています。

骨盤矯正ベルトも妊婦さん用として販売されています。

骨盤の位置を安定させると、足の筋肉の負担が減り、足のつりの予防になります。
 

私も妊娠中に通っていた産院でベルトの着用をおすすめされてしてみたことがありましたが、人よりかなりお腹が前に出っ張るタイプだったので、ベルトは耐えられませんでした。

合う合わないもありますので、矯正ベルトは試してみて下さいね。
 


まとめ

健康な食事
育児経験のある私の母も、妊娠中足がつるようになるという症状が起きなかったようなので、意外と経験なく妊婦生活を終える方もいらっしゃるのかも知れません。

原因がいくつかあることを知ると、妊娠中は気を付けなければならないことがほんとにたくさんありますよね。
 

私が妊娠中に足がつるようになった時、妊娠していることと関係があって足がつるとは想像していませんでした。

てっきり太りすぎたことが原因で足に負担がかかっているのだと思っていましたが、原因を調べてみるとまんざら間違えでもなさそうですね。
 

私のように急激に体重が増えた方も、下半身の血流が悪くなる原因だと思います。

お腹が大きくなりすぎて、いつも右側を横にして寝ていました。

全てはバランスの良い食生活と運動というところにつながってきて、それがしっかりできていれば太りすぎず健康的で、足がつることも防げたかも知れませんね。
 

妊婦時代、太りすぎを助産師さんに注意され続けてきましたが、結果的には色々なことにつながるのだと痛感しています。

後の祭りにならないよう、意識的に気を付けて妊婦生活を過ごしていただけると幸いです。



スポンサーリンク

妊娠中の悩み
妊娠中の悩み

妊娠中の悩みカテゴリーでは、妊婦に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

妊娠中の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

妊娠中の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク