子どもの病気

赤ちゃんのほっぺがカサカサになる原因って?対策はどうする?

赤ちゃん

赤ちゃんのお肌ってすべすべでゆで卵みたいにつるんとしてるイメージですよね。

筆者も1歳の子を持つ親なのですが、なんか低月齢の時の赤ちゃんのほっぺって意外とカサカサしてるんです!
 

赤ちゃんなのにどうしてなのでしょう!?

そこで今回は赤ちゃんのほっぺがカサカサになる原因と対策をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのほっぺがカサカサで気になる!原因は何?

赤ちゃん
 
赤ちゃんのお肌って大人と比べてとってもデリケートなんです。

生後2週間〜6ヶ月までにできるほっぺのカサカサや口のまわり、顎などにできるブツブツなどの湿疹の総称を「乳児湿疹」といいます。
 

乳児湿疹の原因は、お母さんから受け継いだホルモンの影響が続く生後2ヶ月までは、赤ちゃんの皮脂分泌が盛んなためです。

特に皮脂量が多い顔、頭、脇の下に湿疹が出ることが多いです。
 

この乳児湿疹の原因は他にもあり、

  • 乾燥による刺激
  • 衣類による刺激
  • 紫外線による日焼け
  • よだれ、食べこぼしによる刺激

などの外部からのちょっとした刺激によっても湿疹がでることがあります。


赤ちゃんのほっぺがカサカサになった時の対策方法

赤ちゃん
 
乳児湿疹の中でほっぺがカサカサになる代表的なものに

  • 「新生児ニキビ」
  • 「乳児脂漏性湿疹」
  • 「乾燥性湿疹」

以上のものがあげられます。

それではそれぞれの症状と対策をご紹介します。

新生児ニキビ

生後1週間〜生後3ヶ月の赤ちゃんにみられる乳児湿疹です。

新生児ニキビの症状は思春期にできるニキビと似ていて、ほっぺやおでこなどの顔まわりに白い芯のあるニキビができたり、赤い湿疹のようなニキビができたりします。
 

中には頭皮にできる赤ちゃんもいて、悪化すると広範囲にジュクジュクしたニキビが広がってしまいます。
 

新生児ニキビの対策は皮脂汚れを毛穴に詰まらせないことが大切です。

毎日のお風呂の際にベビーソープの泡で皮脂汚れをきれいに取り除いてあげましょう。
 

ニキビをゴシゴシ洗うと摩擦で刺激してしまうので、泡の力だけで洗ってあげるようにしましょう。
 

乳児脂漏性湿疹

新生児〜生後4ヶ月の赤ちゃんに多くみられる乳児湿疹です。

首から上の部分、特に眉毛の中やおでこ頭皮にフケのようなカサカサができたり、黄色いかさぶたのような皮膚炎ができるのが特徴です。
 

乳児脂漏性湿疹の初期症状は赤みを帯びたポツポツした湿疹ができ、だんだんと黄色いフケやかさぶた、ウロコ状の皮膚の塊へと変化していきます。
 

また、乳児脂漏性湿疹を放置すると皮脂が酸化して加齢臭のようなにおいが出ます。
 

乳児脂漏性湿疹の対策も新生児ニキビと同様毛穴の皮脂汚れを取り除くことが大切です。

お風呂でベビーソープの泡で洗ってあげて赤ちゃんを清潔に保ってあげましょう。

また、かさぶたになってしまった頭皮は柔らかい毛ブラシでかさぶたをほぐすように優しく髪をとかしてあげましょう。

決して皮膚をこすらずに剥がれたかさぶたは水で洗い流しましょう。
 

乾燥性湿疹

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎると皮脂の過剰な分泌がおさまり、乾燥肌へと変わってきます。

空気が乾燥していると肌が乾燥に耐えられず、カサカサになり痒みを伴う乾燥性湿疹ができてしまいます。
 

特に肌を露出しているほっぺや手足に症状が現れることが多いです。

秋生まれの赤ちゃんは要注意で、12月〜3月の乾燥のピークと皮脂構造が未熟な時期が重なってしまい、外気の乾燥に大きく影響を受けてしまいます。
 

乾燥性湿疹の対策は保湿ケアが大事になります。

出来るだけ1日2回以上は顔だけでなく全身を保湿してあげましょう。
 

特にお風呂上がりやエアコンをつけている時など乾燥しやすいので意識的に保湿してあげると良いでしょう。

赤ちゃんのほっぺに薬やワセリンを塗っても良いの?

ワセリン
 
乳児湿疹はあまり症状がひどくなければ肌を清潔にして保湿していれば大体の症状ば改善されます。

しかし、ケアを怠っていると症状が悪化したり長引いてしまいます。
 

症状がひどいときには薬を正しく使用しましょう。

乳児湿疹の薬には大きく分けて

  • ステロイド外用薬
  • 非ステロイド外用薬

の2種類に分類できます。
 

ステロイド外用薬は乳児湿疹で小児科や皮膚科を受診した際、症状が重度と医師に診断された場合に処方されることがあります。

非ステロイド外用薬は主に乳児湿疹の症状が軽い場合医師に処方されたり、ドラックストアなどでも購入することができます。
 

どちらも種類によっては顔にも使えるものがあります。
 

また、保湿効果のあるワセリンですが、こちらも顔に塗っても大丈夫です。

ワセリンには抗炎症作用はないので、乳児湿疹を治すというよりは水分蒸発を防ぎ、皮膚の表面を保護する役割があります。

乾燥が気になる部分に薄く塗ってあげましょう。
 


まとめ

以上、赤ちゃんのほっぺのカサカサの原因と対策をご紹介しました。
 

我が子は生まれたのが秋でちょうど乾燥の季節だったので、生後2ヶ月頃はほっぺもおでこも頭皮もカサカサで痛々しかったです。

自宅で市販の保湿ローションを塗っていても全然良くならなかったのですが、皮膚科の先生に処方してもらった保湿剤を塗ったら、みるみるキレイなお肌になっていきました。
 

もっと早く皮膚科に連れて行くべきでした。

赤ちゃんのカサカサが気になったら自己判断はせず医師に相談することが大切ですね。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

子供の病気
子供の病気

子供の病気カテゴリーでは、子供の体調や病気についての悩みを解決する記事を掲載しています。

子供の病気について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子供の病気カテゴリーへ



スポンサーリンク