子育て中の親の悩み

前駆陣痛で痛くなる場所はどこ?どんな痛み?本陣痛の違いは?

陣痛

いよいよ出産も間近にせまってきて、不安と期待につつまれるママも多いのではないでしょうか。

初めて出産を経験する人は、陣痛の痛みがわからなくて怖いイメージを持っている人は多いと思います。
 

正産期に入り、実際にお腹が痛くなってきて「陣痛きたかも!」と思っても、すぐおさまってしまったというような経験をしたことはありませんか?

これが、「前駆陣痛」と呼ばれるものです。
 

この前駆陣痛は、本陣痛とは違い出産につながる陣痛ではないため、病院に連絡するタイミングが難しいといわれています。

実際に出産の兆候がきた時に焦らないためにも、知っておきたい前駆陣痛と本陣痛の違い
 

いったいどんな違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

前駆陣痛ってなに?本陣痛との違い!


 
前駆陣痛というのは、本陣痛と違い、出産につながる陣痛ではないものです。

陣痛だと思って急いで病院に電話したら、前駆陣痛だったなんて経験をしている妊婦さんは多いようです。
 

前駆陣痛は、妊娠36~40週の間に起こりやすいといわれており、この前駆陣痛が本陣痛につながる場合もあります。
 

ですから、出産が間近にせまってきていると教えてくれている痛みでもあるので、しっかりと出産の準備をしておきましょう。

前駆陣痛と本陣痛を見分ける際のポイントとしては

  • 痛み方に規則性はあるか
  • 痛みがましていくかどうか

ということを意識して判断するようにしてください。
 

目安としては、10分間隔の痛みになったら陣痛の合図です。

痛くなったら陣痛の間隔を図ってみましょう。
 

反対に、痛み方が規則的ではなく、だんだん弱くなってくる場合は前駆陣痛といえます。

前駆陣痛と本陣痛では痛みの大きさも違ってくるのです。
 

では、前駆陣痛で痛くなる場所はどのあたりなのでしょうか?


前駆陣痛で痛くなる場所はどのあたり?


 
前駆陣痛だった場合に痛みを感じる部分は、下腹部腰回りに起こることが多いです。

この前駆陣痛は、数日でおさまる場合もあればしばらく痛みが長引く人もいます。
 

本陣痛のような痛みではないけれども、長い期間前駆陣痛に苦しんでいる人もたくさんいます。

前駆陣痛を少しでも和らげる対処法は
 

「腰を温める」

カイロや湯たんぽなどで、痛む場所を温めてみると痛みが和らぐケースが多いです。

間違って冷やしてしまうと血流がわるくなって痛みを悪化させる場合があるので、しっかりとあたためてあげましょう。
 

「楽な姿勢をとる」

痛みがあるときは、楽な姿勢をとることで痛みが緩和されます。

クッションや柔らかいものを下におくと楽な姿勢がとりやすいですよ。
 

私が前駆陣痛で苦しんでいた時に、結構活用していたのが抱き枕です。

この抱き枕は陣痛がきた時のいきみ逃しとしても使えるマストアイテムなのでとてもおすすめします。
 

前駆陣痛があまり頻繁につづき、お腹が張るようだったら、「切迫早産」の可能性もあります。
 

心配なようであれば、かかりつけの産婦人科に相談するのが安心ですね。

注意したいのは、前駆陣痛の前に破水やおしるしがあった場合です。
 

このような場合は、前駆陣痛ではなく本陣痛の可能性が高いのですぐに産婦人科に連絡して指示を仰いでください。

前駆陣痛はどんな痛み?ゴロゴロ?チクチク?


 
前駆陣痛の痛みにもいろんな痛みがあり、ゴロゴロしたような痛みという人もいれば、チクチクとした痛みという人もいます。

具体的には

  • 軽い月経痛のような痛み
  • 下痢の何倍もの痛み
  • 胎動が強い時に似た痛み
  • 下腹部あたりにチクチクした痛み
  • みぞおちが蹴られたような痛み

などです。
 

痛みの感じ方は人それぞれですが、前駆陣痛の痛みはお腹を下した時のような痛みに近いという人が多かったです。

なかには、痛みに気づかなかったという人もいるので、痛みの大きさにはそれぞれ差があるのです。
 

反対に本陣痛の時の痛み

  • 一定の間隔で痛みを感じ、間隔が短くなる
  • 急に痛みが増すのではなく、徐々に痛みが強くなる
  • 下腹部の痛みが腰全体にひろがっていく感じ

 

陣痛の痛みには規則性があるのに対して、前駆陣痛は規則性がありません。

このように痛みからも本陣痛と前駆陣痛の判断ができれば、いざ陣痛がきた時にも焦らないので覚えておくといいでしょう。
 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

本陣痛と前駆陣痛の違いについて少しはわかってもらえたでしょうか。
 

本陣痛と前駆陣痛を見分けるポイントとしては

  • 痛みに規則性はあるか
  • 痛みが増していくかどうか

だということがわかりましたね。
 

本陣痛の場合は、痛みがくる間隔が規則的なのに対し、前駆陣痛は間隔がバラバラで痛みも弱くなったり、強くなったりします。

陣痛の場合はだんだん痛みが増していくので、弱くなった場合は前駆陣痛と考えて言いでしょう。
 

前駆陣痛がきたということは、出産がもうすぐくるよという合図でもあるので、心の準備をしておくといいかもしれませんね。

出産を経験したことがない人にとっては、とても怖いイメージのお産だとおもいます。
 

わたしも、初めて出産する時はとても怖かったです。

イメージトレーニングをたくさんしていたつもりでも、いざ陣痛がきたとなったときはパニックになってしまいました。

しかし、陣痛がきたらあとはもうやるしかありません!
 

「母は強し」というくらいですから、きっと大丈夫です!自分を信じてあげましょう。

元気なお子さんが産まれることを祈っております。

そして、この記事があなたの役にたちますように。



スポンサーリンク

子育て中の親の悩み
子育て中の親の悩み

子育て中の親の悩みカテゴリーでは、子育て中の親に生じるさまざまな悩みを解決する記事を掲載しています。

親の悩みについて他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

子育て中の親の悩みカテゴリーへ



スポンサーリンク